木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ぞけさの話・2・浦島効果・2005年 | main | ちびという名の犬・これが真相だ >>
ちびという名の犬・マイペース
美しくも哀しい犬の物語を早く披露したいヨコアタマさんですが、タテアタマさんが邪魔しています。

ヨコさん、本音を書くといったってテードというものがあらあな。正月だ、哀しい話なんてやめときな。

ちびの写真を探してるんですがみつかりません。どこにいったのだろう。タテアタマさん、隠してない?

写真?知らねえな。十五で嫁に行ったねえやの行方が分からねえ、ウサギを引き取れ、引き取らないと騒いでるときにちびの話なんぞしなくたっていいじゃねえか。滅入ってくるぜ。

今日のコメントからヒントを得て、タテアタマさんのフットワークが軽くなっているようですね。

あたぼーよ、犬年だからこそ、マイペースでしなやかに生きている猫を見習わなきゃいけねえんじゃねえか。めそめそするなってば。そのうち書いてあげるからさ。

というわけで今日は五分もかからないで書けました。フェリさん、貴重なコメントをありがとうございました。
| おのまのプロフィール | 動物 | 03:57 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:57 | - | - |
おうよっ、礼なんか言われちゃあ照れくせぇぜ!・・・じゃなくて(!)私としましては、えっと、あの、その、タテさんにはもう少しヨコになってて貰って、美しくも哀しいちび犬の物語を聞かせていただきたいのですよ〜
| Ferri | 2006/01/05 12:38 PM |

ワンちゃんの話から遠ざかってしまいますが、母は小学生の時に小学校の行事で本当にウサギ追いをしたらしいですよ。小学生がよってたかって山に入ってホーイホーイとうさぎを追いつめつかまえるのです。
で、そのうさぎは先生達がその夜酒盛りして食べたらしいですよ。その酒盛りで女の先生が階段から落っこちたんですって。田舎の小学校の話です。
今の小学校では考えられない話ですよねぇ。
のどかというか、残酷というか、どうなんでしょう?
その頃の母はうさぎを食べた事が残酷とは思わず、階段から落っこちた女の先生ははしたないねぇ、と学校でもちきりの噂になった事を克明に覚えているそうです。
| マウンテンチギディー | 2006/01/05 1:44 PM |

フェリさんにそう言われちゃ、書かねえってのもなにだな。ワリイけどはしょるよ:

つりズボンをはいてる一、二歳のぼうやが、つり紐のボタンをおっぱいにみたてて小犬に乳をあげている写真がある。場所は満州。

小犬はぼうやがその辺で拾ったもの。ちびと名づける。近所に子供が住んでいないので、ちびがぼうや唯一の友達。

戦争が終わる。一家はちびのいないときを見計らって引き揚げ列車が待つ駅に向かう。駅にはちびが先回りして待っている。ちびは一家がそっと列車に乗り込むのに気が付かない。ぼうやもちびに気が付かない。そうやって別れたちびをぼうやは忘れてしまう。

ぼうやが中学生になったとき、そのときのちびが哀れだったという話を親から聞き、写真をみるが、思い出せない。

というような話よ。多少哀しいかもしらねえが、美しいかねえだろお。

ヨコの野郎、親からこの話を聞いてからあと、時々セコムようになったから、ちがった、ヘコムようになったから始末におえねえ。まあ俺だって、そういうヒゲキが起きるから、戦争なんぞしちゃイケネーとは思うけどさ。

おい、よせやい、酔いがさめちまったじゃねえか。もう一本飲むぞ。
| タテ | 2006/01/05 2:01 PM |

私は戦争を知らない世代です。
タテ(?)さんは満州引き上げ組だったんですね。
私の祖父はシベリア抑留組です。
戦争を知っている世代の方が、その話を語るのは素晴らしいと思います。
60年しかたっていなのに風化されつつあるからです。
それにしても私、ワンちゃんとかが悲しい目にあう話ってすぐ泣いちゃうんですよ。今も泣きそうになってしまいました。
| マウンテンチギディー | 2006/01/05 6:07 PM |

中国残留孤犬となったちび・・・ 毎日駅でご主人を待ち続けているちびを、近くに住む中国人の優しい女の子が見つけて、ぼうやに代わって大事に可愛がてくれたあるよ。きと、その女の子もボタンついたつりスカートはいてたあるな・・・
おや? タテさん、おめぇさんまた飲んでんのかぃ? まさか今夜の酒宴でウサギ食ってんじゃねぇよな?
おぅ、マウンテンさんよ、あっ、ごめんごめん! マウンテンチギディーさん、こんばんは♪ 小学校の先生方、酒盛りで酔っ払ってだんだんうさぎのように目は赤くなり、その女の先生は階段で不意にぴょんっと飛び跳ねちゃったんでしょうねぇ・・・
ここで衝撃の告白を! 小さい頃田舎の親戚の家に遊びに行った時のことです。 れんげ畑でお花を摘むのに夢中になっていたら、見知らぬ男の人に追いかけられて一目散に逃げて帰ったことがあるのです。たしかその時・・・後ろから追って来るホーイホーイと歌うようなかけ声を憶えているのです! 私は仔兎だったの!?
| Ferri | 2006/01/05 8:06 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/987
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters