木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< まりたんの世界 ・2 | main | まりたんの世界・4 >>
まりたんの世界・3
「盆休みに来ている息子やらばばさまと、我が山にある地元の忠魂碑や叔父の慰霊碑にお参りした」

これについて書こうと思ったのですが「忠魂碑(ちゅうこんひ)」でつまずきました。どういう意味、どういう歴史があるのだろうか。取急ぎググってみると:

日露戦争前後に、現役として服役していない軍人の団体として、日本各地に在郷軍人会が作り始められます。

明治43(1910)年、これらを統合する陸軍の全国組織として陸軍省の指導により在郷軍人会が創立されました。

大正3年には海軍を含め、さらに同14年には、半官制の軍部の外郭団体に位置づけられ、昭和11年には帝国在郷軍人会令の公布により陸海軍省の公的組織となりました。

多くの忠魂碑はその建設母体に帝国在郷軍人会が中心的役割を演じました。



まりたんの山にある忠魂碑
| おのまのプロフィール | | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:45 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/931
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters