木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< みこと | main | オセロゲーム ・衆院選挙 >>
みこと・2
韓国人の友人に、死後の世界とか魂とか神とかいうものは生きている人間に都合の良い仮説だと思うけれど、こういうことを経験していると話しました:

トロント時代にゴルフが不調になり、ドライバーで打っても150ヤード(135メートル)しか飛ばなくなったことがあります。

ちなみにプロゴルファーなら280ヤードあたりが平均で、その気になれば300ヤードをこします。アマでも男性なら大概200ヤード前後は飛ばし、わたしもそれくらいだったのが、なぜか150ヤードしか飛ばなくなったのです。

懸命に練習しましたが、一向に改善しません。冷たい雨にうたれながら打っているときなどは涙と鼻水がでてくるし、ゴルフ場のスタッフがまだやっているよとあきれているのが分かり、情けないったらありゃしません。

欠陥のある打ち方をするから飛ばない、それを繰り返したって欠陥が癖になるだけ。プロからレッスンをとりました。教えてくれたことはこうです:

[呂泙此△靴し大地と一体化した感じで立つ
△劼犬鬚錣腹につけ、両腕で赤ちゃんを抱くイメージをつくる
赤ちゃんを右へ、左へ水平にまわす
ず埜紊鳳βで地面を蹴って赤ちゃんを左へ大きく放り出す

三十分のレッスンのあいだこれを繰り返すだけ。毎日やりなさいといわれ、二週間続けたところ、なんと距離は200ヤードに戻り、数年ぶりにハーフ39というスコアが出ました。39というのは、一生かかってだせないで終わるアマがたくさんいる、そういうスコアです。

「赤ちゃん放り投げ練習」を教えてくれたのはベン・カーンというカナダでは有名なひとで、今活躍しているマイク・ウイアやローリー・ケーンも彼の教え子です。カーンは、ニ年前、57歳で亡くなりましたが、偉ぶるところが全くない温和なひとで、来週は時間があるから一緒に回ろうと言ってくれたり、ビールをのみながら歓談したり、良い思い出だけが残っています。

練習をしている最中、あるいはひとりで回っているとき、ベン・カーンの気配を感じることがあります。ごくまれですが、プロでもこんなショットはできないと思うようなショットが出ることがあり、そういうときはゴルフの神様がいるに違いないと思ったりします。
| おのまのプロフィール | 非日常感覚 | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:12 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/862
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters