木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< けんさんのコメント・選挙まで三日 | main | みこと・2 >>
みこと
「命」あるいは「尊」と書いて「みこと」と読ませます。辞書をみると「神・貴人の呼び名に添えた語」とあります。

靖国神社の遊就館という建物の中に戦没者の写真と名前がたくさん掲げられていて、その名前に「命」が添えられていました。戦没者は「神」あるいは「貴人」として扱われているのです。

一昨日、韓国人の友人から、日本人は戦没者が神になると信じている民族なのでしょうかと訊かれました。

どう答えますか。

死後の世界があるとか、ひとは死んでも生まれ変わるとかという話もそうですが、国のために戦って死んだら神になるという話を信じてよいのかどうか、私には分かりません。

私は日本民族に属しています。

よって「日本人は戦没者が神になると信じている民族」とはいえません。

死後の世界、生まれ変わりの証拠を示す文献を読むことがありますが、信じるには躊躇します。

死者に去られて悲しみに沈む、死後のことが気になって不安でならない、そういうひとたちをなぐさめ、勇気付けるための作り話である、というほうがあたっているのではないかと思うのですが、これとて証拠があるわけではありません。

どちらが本当かは横において、死と向かいあう戦士の不安を和らげ、後に残された人の気持ちを慰めることができるのであれば、生き残ったひとたちが、死者を神として祀るという行為を、他の理由でもって否定することはないと考える、そして、神とか貴人とかいう概念に与えられた属性はあらゆる人間が持っているのではなかろうか、というのが私の答えでした。
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:56 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/861
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters