木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 地獄門 | main | マヒン家のモミゴト・その後 >>
朝顔に
朝顔に つるべ取られて もらい水

加賀千代女(かがのちよじょ、1703年 - 1775年)の句を思い出させてくれたのが、この夏になって急に伸びだした藤のつる。西日をさえぎるために架けてあるすだれの紐に絡み付いているのを昨日発見しました。

すだれは竹製。冬の間は西日が弱いから要らないし、架けっぱなしにしておくとかびが生えるので取り込んできました。

つるべ(井戸の水をくみあげるために、縄またはさおを付けた桶)にからみついた朝顔を除くのがかわいそうで、他から水をもらった千代女にならうのか、それとも非情に断ち切るのか。

すだれに藤の花が咲く様も悪くはないだろうから、かびを我慢してみますかね。それにしても、千代女さんとやらは、ずっともらい水を続けたのでしょうか。


| おのまのプロフィール | 植物 | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:33 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/841
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters