木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< うじよりそだち ・6月18日のつづき | main | Fraser Wharves社長・Don Francesco Ristorante >>
難花キャンプ
ナメクジにやられて瀕死の状態になったのをはじめとして、元気のない花や木を鉢に移し替えると息をふきかえすことがあります。絶命するのもありますが大体は生き延びます。鉢で育ち、窮屈そうなので大地にもどすとそのまま育つのもいるし、だめになるのもいます。窮屈でも鉢の中は安全。大企業のサラリーマンから社長兼運転手に転じたときの心境と同じ。

鉢を置くのは日向がよいのかそれとも日陰がよいのかを試行錯誤し、今は日に五時間ほど直射日光があたるテーブルの上に乗せています。目下15鉢。花の病院と言いたいところですが、医者に見立てるほどみずからに治療能力があるわけではない、戦場より安全な環境でただただ自力更生を願う、難民キャンプ、花だから難花キャンプというところです。なんか変だ?

せっかく蘇生したパンジーの花がある日かじられているのを見つけ、すべての鉢の底をみたら案の定ナメクジ。次の日も、また次の日も見つかり、いつ、どうやってテーブルに這い登るのか、ほんとナメクジは執念深い。かじられたパンジーは特別キャンプ、すなわち土と鉢を新しいものに換えて、テーブルから我が書斎に移動させました。家の中が良い環境とはいえないのですが。

ナメクジにとりわけ弱いのがQuarts Roseという花。辞書をみても日本語名がわかりません。1ー2ミリの花弁がたくさん集まった花は赤、ピンク、紫と多彩、葉の色形ともに可憐でまわりの花からも愛されている風にみえますが、数回ナメクジに犯されると花は落ち、葉が汚くなっていきます。水で洗っても元に戻らず、別な場所に移しても8割方は死にます。

その哀れな姿は写真、手前から二番目の通り。発酵芝で覆われています。手前は野菜化したサクラソウ。難花キャンプでどうなるかはいずれまた。


| おのまのプロフィール | 植物 | 03:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:15 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/799
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters