木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 自転車を載せて走る | main | 発酵芝の変化 >>
木霊の行方
このところ三十年前のバンクーバーがよみがえってくることが少なくなってきたのでなんとかしないといけないと思っていたところ、UBCの大後輩・千尋さんのブログをみてひらめきました。彼女のように大学の写真をのせよう!

http://blog.goo.ne.jp/cw1979

千尋さんも私もビジネス学専攻ですが、写真でみると千尋さんが通っている校舎は真新しく、私が通った校舎ではありません。

この四年間をみているだけでも新しい建物がどんどん増えていて、キャンパスから落ち着いたたたずまいが消えつつあります。そういえば、三十年前、出来たばかりの地下の図書館に自然光をとりいれるドーム型の窓が地上に出ていたものですが、昨年あの辺を歩いてみたら消えていました。

まだ残っている三十年前の景色を写そう、どこかに私の名前を刻んだレンガが埋め込まれているそうなので、それも探しに行こう、と取りあえず方向感がでました。

| おのまのプロフィール | UBC | 04:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:09 | - | - |
あの日ヨタヨタしながら撮った写真が、まさかこんな風に役に立つ(ってないかもしれませんが)とは!撮った甲斐があったというものです。(^∀^)

学校の建物ですが、この夏はいつも以上にあちこちで工事をしているような気がします。建設中のガラス張りのビルを見るたび、あぁきっとあのガラス何枚かはあたしの今学期の授業料だな。とか考えちゃってたぶん恨めしい顔をしてますね。(笑
お名前が入ったレンガですか!見つけたら是非教えてくださいね。
| 千尋 | 2005/07/04 11:34 AM |

大先輩はコルビジェや安藤が造った建築物は醜いと感じます。従って、バンクーバーで二十年前から増えてきたガラス張りのコンドは×。

それにしても、授業料があのガラスに貢献してると認識する大後輩はしっかりしてる。

話は変わりますが、ハンブルグの千尋さんも八月は日本で過ごすらしいですね。

http://diary.jp.aol.com/48knq8euc/
| 大先輩 | 2005/07/05 4:22 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/784
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters