木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 日本・韓国・中国共同で歴史観を正(ただ)す | main | 中国の対日感情・対策 >>
日米戦争のきっかけ
私がこの世に生まれようとしていた(どうでも良いことですが)ある日突如として日米戦争がはじまりました(日本時間1941年12月8日)。戦争のきっかけはその日から12日遡った11月26日にアメリカ政府がそれまで日米間でつみあげてきた了解事項を根底から覆す苛酷な通告を日本側につきつけたからであるとされています。この過酷な通告は時の国務長官に敬意を表して(笑)ハル・ノートと名づけられました。

ハル・ノートの概要:
1日本は満州国を含む支那大陸、及び仏印から軍隊、警察を全面撤退せよ。
2日本は大陸に於ける総ての権益を放棄せよ。
3日本は日独伊三国同盟を廃棄せよ。

なぜこれが戦争に結びついたのかピンとこないヒトがいるでしょう。詳細はご自分で調べていただくとして、戦後の東京裁判でインドのパール判事が「このような苛酷な要求を突きつけられたならば、地中海の小国モナコといえども銃をとって立ち上がるだろう」と言ったように、ハル・ノートは事実上の宣戦布告であったのです。

項目3は日本の中枢でも歓迎するヒトがたくさんいたので実現可能ですが、項目1、2は当時の状況において実行可能ではありません。たとえば、当時私の両親は満州生活数年、なにがしかの生業(なりわい)をたてていますが、これを全部放棄せよというのは乱暴至極だと思いませんか。21世紀のいま、この瞬間、日本に住んでいる中国人、韓国人に対して財産を放棄して中国、韓国へ帰れという馬鹿な日本人が多少いたとしても、日本の外務大臣(アメリカでは国務長官)がそういうことを言うと思いますか。

朝鮮がアメリカ政府に対して今日こういう通告をした場面を想定したら分かり易いかもしれません。

1アメリカは全面撤退してヨーロッパ大陸へ帰れ。
2アメリカはアメリカ大陸にある総ての権益を放棄せよ。
3アメリカは日米安保条約を破棄せよ。

具体例:ジョージへ告ぐ。汝の牛を全部捨てて即刻テキサスから去れ。

アメリカはこんな風に実現不可能な通告をつきつけて、アメリカ原住民からはじまり、イラク人にいたるまで戦争を繰り返し起こしてきましたが、それは本日の主題ではありません。

ハル・ノートが最終局面で戦争開始のきっかけになったことは間違いありませんが、日米戦争の萌芽は少なくとも開戦の十数年前に見てとれ、朝日新聞も戦争を煽っています。その偽善性、日和見性、事実捏造癖、オカルト性、煽動癖において似ているのが朝日新聞とキリスト教者である、とは世の通説にいまだなっていませんが、両者とも戦争が嫌いではなさそうです。これも本日の主題ではありません。

芽がでる前には種の時代があります。戦争の種は日米不平等条約の締結を強要された江戸時代まで戻ります。当時の印度大陸、支那大陸、朝鮮半島をはじめとするアジアの状況、印度人、支那人、朝鮮人がヨーロッパ、ロシヤ、アメリカの帝国主義にどう対処していたか、それをみて日本人は何を考え、何をしたか、などなど。

日本、韓国、中国の三国が東北アジアの歴史観を共有するとすれば少なくとも百年間を網羅するのが良いでしょう、というのが本日の主題でした。
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:58 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/720
モナコ
モナコ''イタリアのテノール歌手については、マリオ・デル=モナコを参照のこと。----モナコ公国(―こうこく)、通称モナコは、西ヨーロッパの国家。都市国家であり、首都モナコ市がそのまま全領土となる、世界で2番目に小さい国。フランスの地中海沿岸地方コート・
| モナコ-ACCESS | 2005/05/15 4:45 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters