木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 十三日での変化 | main | ライラック・シャコバ・三岸節子 >>
十三日の変化・続き
四月二十八日。十三日ぶりにみるバンクーバーは初夏。我が家も変化していました。以下箇条書きにします。

小鳥がいない。えさ箱に数種類の小鳥が群がっていたのが今日は僅か二羽しか見ない。くみちゃんによるとニ、三日前から急にいなくなった由。季節が変わってどこかへ移動したのか。

つぼみだった石楠花が前庭では満開、裏庭では七分咲。花数は去年とくらべてざっと三倍増し。去年は前の年に剪定しすぎたのがいけなかったらしい。

ライラックの花が僅か五、六房(ふさ)しか咲いていない。みると周囲の木、三本に負けて逃げてきた先の枝だけに咲いている。その哀れな様子といえば中国、韓国、朝鮮に押されて退却を続けている日本の如し。うまく棲み分けるように助けないといけない。

裏庭の芝生のコンディションは昨年の春より断然ましになっているが、前庭にくらべるとまだまだ。また土をいれないといけない。裏庭の低いほうは雑草が跋扈(ばっこ)している。戦いはじめ!

残念、レンギョウは三本とも枯れた様子。クラブから二年目の枝を貰ってこよう。我がクラブの所有者は会員であり、切られた木は会員が自由に持っていける。我が家の暖炉で燃やす薪の大半はクラブの木。レンギョウの枝をニ、三本頂戴してくるのはやや疑問ではあるが。

妹尾さんから貰ったブドウの木から芽がでていた。分厚く丈夫そうな芽である。昨年植えたときにキノコ肥料を施し、ひとつき前には鶏糞を入れたのが奏効したか。そばに植えた鉄線がまけじとつるを延ばし、その一本がブドウに絡み付いている。

三年前にうえた藤の枝がようやく伸びてきた。藤沢では植えた次の年には棚一杯に広がったような気がするが、あるいは思い違いだったのかもしれない。あの家は建ててすぐに転勤となり、それからも海外生活が長く、所有期間は22年なのに住んだのは7年であった。だから藤沢の植物に関する記憶はあてにならない。藤棚を作ったのは1984年だが、最初に花をつけたのはいつだったろう。

つつじがようやく花をつけた。藤沢のつつじに比べて断然小さいが、これまた記憶の作用による無体ないいようかもしれない。

紅葉ははやくも色づいている。日本でみた紅葉はうす緑だったと思って林のほうへまわってみると案の定、色づいているのは太陽を浴びる側で後ろは緑色。

一年半前に買ったクリスマスカクタス、すなわち冬に咲くシャコバサボテンは順調に育っている。バルコニーに出していたので日をあびたせいか、もう咲き始めている。年に二回咲くのだったろうか。私はシャコバと相性が良いらしく、藤沢でも帰国して瀕死状態のシャコバをふた鉢みつけ、それを三年かけて大きく育てたことがある。家を売った時に娘たちがひとつずつ持っていったが、どうやら枯死させたようだ。あれは目がさめるような赤い色だったが、今のは可憐なピンク。施肥などしないのにぐんぐん大きくなっている。
| おのまのプロフィール | 植物 | 12:55 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:55 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/708
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters