木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 隠すな・曲げるな・恐れるな/4月20日の続き | main | 十三日の変化・続き >>
十三日での変化
四月二十八日の夕方六時ころに成田発、同じ日の朝十一時ころバンクーバーに着。こういうフライトを二十年間繰り返してきましたが、今回はこれまでになかった疲れを感じています。疲れは肉体的、精神的の両方ですが、少々分析。先ずは精神的疲労から。

若い人たちが着実に社会の中核を占めており、私の世代はそろそろ退場する、あるいは組織のトップ層、即ち非主流(笑)に追いつめられているということは前々から感じています。わが娘の子供、すなわち孫がそろそろ六歳になるのも知っています。この辺まではなんとも感じなかったのですが、今回は昨年秋にうまれた孫娘を見てきて、ふーん、確実にわが持ち時間は少なくなっているわいと痛感したものです。まあ、精神的に疲れたというより、ホッとしたというほうがいいかもしれません。

いつものことながらテレビにでてくる色々なひとをみていると疲れます。詳しくはおいおい書きます。

肉体的な疲れ。空港や、地下鉄、JRの構内での移動からくる疲れが最大の疲れです。大宮駅のホームから電話をかけようと思ったら、ホームに電話がなく、深く長いホームから抜け出て、これまた長い通路をとおって出口近くにある電話にたどり着く。公衆電話がぐんと少なくなっています。

地下鉄で他の線へ乗り換えると階段を上ったり下りたりし、あげくのはて延々と歩かないと目当ての駅につかない。なんでこのように使いにくい構造にしたのだろう。公衆電話を探したり不便な乗り継ぎから来る疲れも精神的要素のほうが大きいのかもしれません。

最終日に荷物ふたつをもって半蔵門線の大手町駅からJRの東京駅までの700メートルを歩いたのは失敗。ゴルフをするときはバッグをかついで六、七キロ歩いているので700メートルなどなんでもないのですが、車が多い、人が多い、特徴のない高いビル群の谷間におちこんでいる、標識が少ない分かりにくい。これも精神的なものですな。とはいえ、肉体的な衰えが増しているのも確かなようです。

十三日ぶりに戻ってきた我が家の変化を書こうと思いながら脱線しました。くみちゃんによると裏庭に熊やハミングバードがやってきたそうです。熊は去年の秋にきていますが、ハミングバードは初めてです。続きは明日。

上の日記を書いたあと、いつも愛読している日記をみて笑いました。似ているような、いないようなことが書かれています。以下抜粋です:

「やっぱり年齢が大きくかかわっているんじゃないかと思うのよ、ワタシ。20台から30台へのハードルはまったく高くなかった。目に見えて、または体感して明らかに「老いた」感もなかった。むしろ30台に突入して、やっとナメられなくなったなぁとうれしかった。30-33は仕事も順調であったし、自分的に「まだ若い」という感覚(むしろ錯覚ですか)があった。

しかし、今となっては私も34歳である。明らかに自分がいろいろな意味でターゲットにされていないというのが理解できてきた。いや、社会って厳しいね。映画、テレビ、雑誌、その他もろもろ、すべて主役が知らず知らずのうちに私よりも下の世代に移っていたのを、遅ればせながら感じたのだ。

ほっといてくれと言う前に、 相手にされてない・・・。

こう感じた私。

求められていない自分 もうすでに必要とされていない自分
狙われない獲物はいつか朽ち果てる運命
それならばいっそ、洞窟の中で静かに死んでゆきたい・・・ 」

面白いでしょう。私はこういう若い人をみるとつい励ましたくなるのですが、そこはそれ人間ができているから、そんなことをしたら「ほっといてくれ」と言われるに違いないと考えて傍観です。フガさんとやら、この日記を読むことがありますかな。これからも引用させて頂きます。
| おのまのプロフィール | 植物 | 11:31 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:31 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/705
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters