木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 日本とどう戦うか | main | 隠すな・曲げるな・恐れるな/4月20日の続き >>
謝罪すべきか
昨夜から泊まっている某ホテルのビジネスセンターで書き込んでいます。ここのPCは使いやすく、またいくら使っても無料なのでありがたい。前のホテルは二時間使って三千円近く取られました。良いサービスをしているので某ホテルなどと隠すこともないでしょう。東京箱崎にあるロイヤル・パークホテル。明日チェックアウトしてカナダへ帰ります。

中国は日本に対して60年まえの戦争について謝罪をせよと繰り返し、またそれに対して日本の政治家たちも繰り返し謝罪、遺憾の意をあらわしてきました。

私が大学にはいるまえのことですが、ある人が自分は戦争でひどいことをし、そのむくいで片目をうしなったと話してくれたことがあります。詳しい話は忘れてしまいましたが、中国の民間人に対してむごいことをした光景が義眼の奥から伝わってきたのを覚えています。

義眼の彼のみならず、アジアで残虐行為をした日本人が沢山いたことは間違いないでしょう。しなかった日本人もたくさんいたでしょう。同胞の日本人に対してさえ思想、理念のちがいから拷問、虐殺をした日本人がいたことも事実です。嫌な日本人は今だっています。

しかし糾弾さるべき事実は記憶にとどめ、繰り返さないようにすべきですし、多くの日本人がそういう努力を半世紀以上続けてきたし、国としてもそれから逸脱していないのではないでしょうか。かつて中国政府が日本に対する糾弾をやめて、良い関係を構築していった時期があるだけに、逆に糾弾をむしかえし、反日デモを演出したらしく見える今の中国には疑問を感じます。
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:10 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/703
いい流れかも?
軍部系メディア:「過激な行為は愛国ではない」 - livedoor ニュース軍部系の「解放日報」が、4月16日の上海デモを目撃した「読者」からの意見として、「過激な行為は愛国ではない」と題した記事を掲載している。「デモ自体には興味はあったが、自身の目で見て、心を痛
| Johnny style! | 2005/04/27 12:21 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters