木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 変身術・護身術 | main | 記憶障害・よく観るよろし >>
コスタリカへ持っていったメモ帖(3月14日カキコミ)

いつもメモ帖がわりに使っているRoaring Spring社製のノートは19センチx25センチx1センチ、200頁、1ドル49セント(x85円/カナダドル=127円)のJKKです。JKKというのを知っていますか? 丈夫、格安、書きやすい。丈夫、格安、カッコイイと思っている人がいますが間違ってます。

http://www.rspaperproducts.com/

このノートを使い始めて数年、二十冊を越したでしょうか。これまたJKKのパイロット社の使い捨て万年筆との相性が良く、紙とペンとのあいだに生じるかすかな摩擦感が心地良く、軽やかなリズムにのって頭のなかに浮かんでくるアイディアがすいすい文字になっていきます。たとえていうなら、ノートはバイオリニスト・ギルシャハム、ペンはピアニスト・江口玲、私はカルメンファンタジー。

このJKKに比べると漢字変換でひっかかっり、書いている途中で画面が消えたりするPCはダメですね。この日記が時々面白くなくなるのはPCのせい。つるつるしている高価な紙、すべりが良すぎる高級筆記道具もダメ。適度にざらついた紙、適度にひっかかる筆記用具がベストです。

どういうわけかこのごろRoaring SpringのJKKが文房具店にありません。買い置きのもあと一冊。そこで今回の旅にはMead社の製品で一番安いと思われる縦14センチ、横10センチ、厚さ2センチ、400頁のメモ帖を持っていきました。↓のサイトでこのメモ帖を探したのですが、なかなかみつからないのでやめました。

http://www.meadweb.com/cgi-bin/meadweb.storefront

コスタリカの印象をメモ帖から転記しようと思って書き始めたのですが、本日はここでオシマイにして3月13日へジャンプします。
| おのまのプロフィール | 現在 | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:03 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/657
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters