木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 脅迫に屈する日・まんちゃん | main | 脅迫に屈する日・インソール >>
脅迫に屈する日・運命店
マリン通りの北側に面している「運命」スキー店は大きな看板がないので目立たず、うっかりすると通り過ぎてしまいます。マリンはユーターンできず、えい面倒、また別な日に来るかと家に戻ったことが二回あります。

これに比べると同じ通りの東二百メートル先、南側にあるスポーツ・マートは大きな看板があって見逃すことはありません。チェイン店のせいか、運命店より品揃えは断然うえでかつ安いので板はマートで買いました。靴も断然安いのですが、靴敷きを足の形に作る設備がありません。運命店に行き、マートで買った靴でも靴敷きを作ってくれるかと聞くとイエス。

よほどマートに戻ろうかと思ったのですが、まあ、じたばたするな、これもなにかの縁、運命店で買おう、そのかわりなるべく安い靴、と決めました。

千ドル(九万円)以上の靴もありますが、そんなのはプロ用、財閥用、三百ドル前後のノルディカを物色。ドン加藤によるとノルディカは日本人の甲高足に合っているのだそうです。今もっているのもノルディカですが、二十年前にはそんなことはしりませんでした。

正価400ドルちょっとのノルディカが379ドルであったのでこれを試しました。サイズ26.5センチ、はくとぴったり感がありますが、もうひとつ上27.5センチを出してもらいました。これのほうが楽。ハンガリー製と書いてあるので、店員にノルディカってハンガリーだっけ、ときくと、ハンガリーで製造しているといいました。もともとはどこの国かを知りたかったのですが沈黙。

27.5センチを買うことにしました。今もっている靴は履くとしばらくのあいだ足が痛くてかなわないので、次に買うときは多少大きめのにしようと思っていたのです。

靴敷きを作るためにはだしになり、足のサイズを測ると24.5センチ。若い店員が、27.5センチの靴は大きすぎる、せいぜい25.5センチだといいます。25.5センチをはくと満員電車に押し込められたようで、とくに左の第二指の圧迫感が不愉快ですが、足全体が痛いというのではないのでこれにしました。一気に二ランク落ち。マートだったらすんなり27.5センチを買い、滑ると足が靴の中で動いて具合が悪いということになったかもしれません。

ところでノルディカはどこの国の会社か。ノルウェイ? ノルウェイはダウンヒルスキーが強くないしと思って調べたところ、やはり違っていました。正解はイタリヤ。えっ、知っていましたか?
http://www.nordica-jp.com/
http://www.nordica.com/prehome.php



| おのまのプロフィール | スポーツ | 05:50 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:50 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/624
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters