木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 体感温度・東京<バンクーバー | main | 脅迫に屈する日・運命店 >>
脅迫に屈する日・まんちゃん
先月、二十年前のスキー靴を愛用していると書いたところ、チホさんから危険であるというメールがきて、アサミコさんからシーモアで滑ろうとしたら靴が壊れていたというメールがきました。そういえば、そんなことがありました。

ケローナに住んでいるドン加藤という山男からもきました。いわく、プラ靴(プラスティク製の靴をこう呼ぶのは一般的なのでしょうか)は耐用期間五年であるからして、即刻ゴミ箱に捨てなさい。捨てないと痛い目にあうぞ。ジョージみたいです。

あと五年の命ですと医者に云われてから二十年生きちゃったぜ、という思いでしたが、だんだん恐ろしくなってきました。金属部分は錆が出てるし、靴の中のプラスティックは割れています。「もう少しいけると飛んだコンコルド」滑降中に靴が爆発、骨折。だから云ったじゃないのと非難しながら、内心は喜んでいる三人の顔が浮かびました。ということで新調した板は一回使っただけ。

一月中旬から気温があがってシーモアは休業。靴を買う気になれずにいたら、山が白くなりました。白くなって一週間、ゆうきんママの掲示板にまんちゃんというひとが、靴の分解経験ありますというカキコミ。これで決心。今日こそは買う。気をいれて、朝食をぬきました。食べると買い物に行く気がなくなるのです。まだ使えるんじゃないかと考え直すのです。行った先は北バンクーバー、マリンドライブにあるDestiny(運命)という店。四人目の静かなる脅迫(笑)に屈した。

ところでドン加藤の名を知っている方がおられるかも。若い頃に三浦雄一郎とエベレストを滑り、六十歳を過ぎてチョモラリ山を登り、NHKのドキュメントフィルムでも紹介された山男です。かれのHPにはすばらしい写真がたくさん載っています。

http://members.shaw.ca/donkato/
| おのまのプロフィール | スポーツ | 17:59 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:59 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/623
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters