木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 論文・完成度は低くない | main | クリスマス気分 >>
論文・思い出したくないこと
論文のできはそう悪くなかったと分かってもすっきりしません。なぜだ。もういちど論文をみると、最後の頁に、この種の分析の対象を広げたいと書いてあります。719の実例を分析したのですが、実例をもっと増やしたかったようです。

サンダー教授のセミナーにいたのは私をいれて五人。うち一人は博士課程にいたカナダ人。のこり四人のうち三人は修士課程をおえ、そのまま博士課程に進みました。私はアメリカへ留学した同僚三人と日本に帰り、調査部配属になりました。ミシガン大学の博士課程に行きたがっていた後輩も帰国。帰国しなかったのはロスアンゼルス支店配属になった南カリフォルニア大学を出た同期生。

論文をさらに研くつもりで、膨大なデータ、すなわちパンチカードを持ち帰りました。配属された調査部は大所帯で、調査部長が賞をとったりしていた活気のある部でしたが、なんとコンピュータがありません。先輩部員に相談して、統計解析を続ける方策をさがしましたが、結局だめ。既にある文献にあたってそこから論文を書くのが不毛な所業のように思えて鬱々していたら調査部から追い出され、国際部へ。パンチカードは数年もっていましたが、最後は廃棄しました。そう、思い出したくなかったのは不完全燃焼感があるからなのかもしれません。

あれから三十年、オムもピエールもその道の第一人者として活躍している、サンダース博士も健在、カオス理論に携わるヒトは増えている、あの世界は万事うまくいっているのです。体力勝負の世界から抜けて、インスピレーションがモノをいう世界に遊んでいる今は悪くない。ということでひとまず論文の話は打ち切りにしましょう。
| おのまのプロフィール | UBC | 04:11 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:11 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/565
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters