木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゴルフとめまい | main | 浮世離れ・戦争 >>
ロスアンゼルス経由セントルイスへ
★十七日にカキコミ:
★これで何度目のセントルイス行きになるのでしょうか。これほど頻繁に出張することになるとは思っていませんでした。かつてトロントからニューヨークまで月にいちど出張していた時期がありますが、それに次ぐ多さです。トロント〜ニューヨークは近いから苦にならなかったのですが、バンクーバー〜セントルイスは直行便がないのでしんどい。しかし来てほしいと頼られるうちが花と思って、、
今回はロスアンゼルス経由。ロスアンゼルス空港はひさしぶりですが、はて最後にきたのはいつだったか思い出せないままアメリカン・エアが発着するターミナルを探していました。三十年前にスマートだったこの空港はいつのまにかつぎはぎだらけで分かりにくい空港に変わっています。
ああ、いま思い出しました。最後にきたのは1994年。アメリカのコンサルタント会社に転職したばかりの年に会議できたことがありました。十年ぶりですか。
ロスアンゼルス空港での身体検査ではなにもひっかからずパスしました。バンクーバーではズボンのベルトが金属探知機にひっかかったのですが、ロスの探知機は甘いようです。
出発まで一時間ちかくあったのでアドミラル・クラブというラウンジでミラー・ビールを飲むと少しフラリときました。まずいかなと思いましたが、朝方飲んだグラボルが効いているようで無事飛行機までたどりつけました。
セントルイスに着いたのは夕方八時半。同じ頃に着くはずのクライエントが三時間遅れになっていたので、一足先にダウンタウンのホテルへ向かうべく、初めて乗合のリムジンに乗りました。乗客は五人。リムジンはいろいろなホテルに停まって客を降ろしていきます。運転手がなまりのある英語であれは野球場だ、これは市役所だと説明してくれるので時間はかかりましたが退屈しませんでした。
ホテルはハイヤット・ホテル。大きな駅を改造して造られたホテルで、いつきてもその建築美に気分が良くなります。
しかしチェックインしたのが十時。バンクーバー時間の八時で空腹。飛行機のなかでサンドウィッチを食べたのが数時間前。日曜とあってホテル内のレストランが軒並み閉まっているのが難でした。
わがクライエントは結局四時間遅れの到着となりチェックインは夜中の一時になったと翌朝聞きました。


| おのまのプロフィール | 政治経済 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/56
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters