木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 澱み(よどみ) | main | カードできあがる >>
大相撲九州場所・NHK
--------------------------------------------------------------------------------
19日に書いたようにインスピレーションが全然沸かなかった九州場所が終わりました。目をつむって優勝は若の里(関脇)としましたが、横綱、大関に勝てずの11-4は本人もショックを受けたようで技能賞インタビューのときは実質無言。無神経な問いかけを繰り返すNHKのインタビュアーをなぐりたかったのではないでしょうか。とはいえ、白鵬(前頭筆頭12-3)を破ったのは収穫です。来場所から星勘定では関脇になる白鵬と大関を争うことになりますが、今場所勝っているのと負けているのとでは精神的余裕が天地の差です。

初日から魁皇(大関12-3)の横綱昇進は13勝が最低ラインだと言いつづけ、12日に3敗目を喫して絶望的と言い放ったNHKのアナが千秋楽になって突如、もし朝青龍(横綱13-2)に勝てばまだ望みがありますと繰り返すのでいったい何が起きたのかと目がさめる思い。理由をいろいろ挙げていましたが、それならそうと初日から、遅くとも12日から言えばよい。切羽詰った千秋楽に言い出すものだから、さては魁皇が朝青龍に勝ち、横綱昇進という八百長相撲が仕組まれたかと疑われる。

朝青龍をやぶりましたが横綱昇進は見送られました。横綱魁皇は私もみたいのですが、先場所から言われていた「最低でも13勝」を曲げていたら、大相撲のファンは激減したことでしょう。そういう点では良かったといえますが、NHKさんよ、もうすこし節操を保って欲しいねえ。疲れる。

今場所は実況アナが力士の名前を取り違えること数回(十四日目、朝青龍が千代大海を破ったときに「千代大海五回目の優勝」と絶叫したのが圧巻)、行司軍配をみまちがえてすっとんきょうな発言を数分続ける、ほか数々のポカが目立ちました。相撲放送を独占していることからくる気のゆるみ、頬のたるみ、血のよどみ。プロフェッショナリズムから程遠い。相撲にかぎらずNHKのスポーツ放送は、臨場感を高める工夫、努力も不足しています。霞ヶ関(官庁)、日本橋(日銀)と同じように機能不全に陥った症状が目立ち、大手術が必要。
| おのまのプロフィール | スポーツ | 12:11 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:11 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/546
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters