木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< コメコメ・満人 | main | 第二次大戦で日本は本土決戦をすべきであった 続き >>
第二次大戦で日本は本土決戦をすべきであった

 

第二次大戦で日本は本土決戦をすべきであった

極右(死語ですか?)もまっつぁおになる刺激的なタイトルですね

どういう内容になるのでしょうか

 

さくじつの全国戦没者追悼式をネットでみていました

命短し、そろそろあの世、あの世にいる気分で天皇皇后、総理大臣の動きを見ていました

なんたってみんなオノマより若く、戦争を知らない世代です。危なっかしくてみちゃおれんとは言いませんが、まあ、天皇皇后は心配ないでしょうが、総理大臣ときたら、憲法違反は平気、法律違反は平気、公私混同は平気、それでもって日本が戦後最大の国難に面している今は隠れて国会にも出てこないという御仁ですから、真剣に監視しないといけません

 

皇后の父君・小和田恒さんは外務省勤務のかたわら母校で国際法の講師を務めていたことがあります。通常の授業とゼミのふたつで教えており、オノマは両方に出席していました

ちなみに両方とも優でしたと、さりげなく、これみよがしに付記して、孫たちの奮起を期待するいけない祖父

ある日、ゼミの生徒数人が官舎に招かれました

居間のかたすみに小さな台所があり、カーテンで目隠しされていました。カーテンの中で食事を用意している優美子夫人はときどき赤ん坊を見に行っていました。その赤ん坊が今の皇后です

 

脱線しました

 

先の大戦で日本は本土決戦をすべきであった

そんなことを思っている日本人が今どのくらいいるのでしょうか。かぎりなくゼロにちかいに違いないというか、そもそも本土決戦ということばを知らない人が多いでしょうね

それってなに? 日本でアメリカと戦争すること? 馬鹿じゃないの

 

記録がない、写真もない、個々人の記憶にしかない戦争体験は数えきれないほどありますが、そのほとんどは本人の死と共に、そもそもそんなことは無かったかのように、シャボン玉のごとく消えていきます

そういったミクロの出来事を見ずして、知らずして、きいた風なことを言ってくれるなとは思いますが、他方、惨憺たる結果を予見できないまま机上のマクロ論で戦争が起きてしまった現実があるわけです

空論であろうが、愚論であろうが、いったん動き始めるとゆっくりと、しかしながら着実に取り返しのつかない未来に進んでしまうのです

であれば、そうしたウィルスのごときマクロ論に対抗するワクチン的マクロ論を用意しないといけません

でもって考えたのが標題、本土決戦をすべきであった・・という次第ですが、ほんじつはここまでにします

これからどういう論になっていくのでしょうか、我ながら愉しみです

 

ウィキ抜粋

本土決戦(ほんどけっせん)とは、第二次世界大戦において想定された日本本土への連合軍陸上戦闘に対する日本側の呼称。アメリカ軍を中心とした連合国軍は1945秋以降に「ダウンフォール作戦」として実施を予定し、日本軍はすべてを決するという意味で「決号作戦」と称する防衛作戦を計画していた。8月に日本がポツダム宣言を受諾して降伏したため、本土決戦は行われかった

| おのまのプロフィール | - | 11:38 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:38 | - | - |
今日のブログのタイトルを拝見してビックリしました。歴史に「もしも」や「べきだった」はありませんが、貴方様がそんな御意見家と一瞬目を疑いました。しかし、私の危惧でした。むしろ良くぞお書きくださいました。
私は1990年ころに某出版社の依頼で、もしも「本土決戦」が行われていたらという、オリンピック作戦と照らし合わせたフィクションに関する仕事をいたしました。その仕事をしながら、この作戦が実行されていたら、駿河湾内で誕生したばかりの私は生きてはいなかっただろうとおもいました。この思いは私の生命は脅かされていたのだという、かなり現実的な痛みとして私の心身に突き刺さり、今も突き刺さっています。情念に駆られている人間に知性をとりもどさせることは、実際、非常に困難です。それはこのたびのCOVID-19禍にある人心の混乱と、「自粛警察」と称している人権蹂躙の(犯罪的な)行動に現われているのではないでしょうか。この病禍は、将来的に戦争が起った場合日本がたちまち立ち行かなくなるだろう状況のシミュレーションになるかもしれないのですが、それさへ、誤った愛国主義・自国中心主義で膨張した心と頭脳には想像すらできないようです。戦争は一国の国民の総意の結果ではありますが、もとはといえば、ただ一人の知性が退嬰したバカ者の発意だと見てとることもできそうです。私は、いま、世界の指導者といわれる人間を見るに付けても、つくずくそのような思いになっています。
| 山田維史 | 2020/08/17 8:09 AM |

コメントありがとうございます。8月17日のブログに転載しました。
| オノマ@カナダ | 2020/08/21 10:29 PM |










    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters