木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< コロナで無為 | main | コロナで支給金 >>
コロナでいやさか

カナダから送った荷物を受け取るため二月下旬からひとつきほど日本に行っているあいだにコロナ騒ぎが大きくなっていった

 

荷物を送りだす準備をしていた一月、クロネコヤマトのひとからコロナで配船のスケジュールが乱れ始めていると聞いていた。そういう変化が起きていることをNHKは伝えなかったし安倍内閣の閣僚たちは相も変わらず飲み食いに淫していた

 

荷物を受け取る前に東京で知人や親類と会っておこうと早めに日本へ行き、東京・目黒のホテルで数日過ごしたのだが、時やや遅く、一夜で日本の空気は亜戒厳令のそれとなり、約束を軒並みキャンセルした

 

滑りこみセーフ

 

空気が変わる前日に姪とその両親に会っていた。両親は十数年前にカナダに来たことがあるが、姪とは二十年ぶりの再会であった

 

姪は交響楽団の一員である。三月中旬に公演会があるというのでスケジュールが合えば聴きにいくと言ったが内心ダメかもと危惧していた

 

危惧は当たり公演はキャンセルになった。二十年ぶりに姪たちの演奏を聴くことは叶わなかった

 

三月のいつだったか、姪は楽団が生き延びられないかもしれないと書いてきた

 

楽員の気持ちがあれば楽団は立ち直れるとエールを送った

 

やがて楽団はネットで演奏を配信しはじめた

 

姪が手を振っていた。涙がでた

 

ネット配信は続いた。墨田区の支援を得て立派な会場で行われた演奏・Vol 5はとても綺麗な映像だった。涙は出ず、姪と夫君と対面しているようで妙な気分になった

 

楽団はネット配信と共に寄付を募り始めていた

 

もう少し財閥になっておくのだったと思えど、あとの祭りの貧者・オノマ、すぐ五万円寄付した

 

オノマ、色々なところに寄付しているが大概は一万か二万で勘弁してもらっている。現役サラリーマンのときは一桁大きかった。日本政府のコロナ支給金より上だったし早かった・・・脱線した

 

貧者が何人いたのか、ひとりでいい、財閥がいたかいなかったかは知るべくもない。知るのは怖い

 

楽団は生延びている

 

NHK が楽団の模様を報道した

 

ネット演奏は今でも続いている。またもや涙がでることもある。出ないときもある。みんな偉いなと感心する。団員の家の様子が見えてほのぼのとする

 

禍福はあざなえる縄のごとしよとノーテンキにつぶやく

 

二十年ちかく会っていなかった姪や、会えなかった夫君の顔を頻繁にみることのできる今はコロナのもたらした福のときなり。弥栄(いやさか)

| おのまのプロフィール | - | 10:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:44 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters