木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< あなたはどこにいる | main | あなたはどこにいる >>
伊藤雅治君@五十七年の不在

まもなく十月が終わる

 

体調やや回復、五か月中断していた断捨離を再開し、充実感のある毎日を過ごしている。目標は五分の一。五分の一を減らすのではなく、五分の一へ減らすのである。あと九十日で達成したい

 

難関のひとつが手紙、ハガキのたぐい。ひとつひとつ読み返すからなかなか進まない

 

小中高時代のものはほとんど残っていないが、中高時代に流行っていた外国のペンフレンドからのが少し残っていて、アメリカ♂♀、フィンランド、ユーゴスラビアの四人からの手紙や写真がある。あの頃、アメリカが経済的に抜きんでていることを写真や文章から感じていた

 

高校三年。大学受験に専念したいので交信をやめたいと書いたらユーゴからとても残念だ、でもあなたが真面目なひとだとわかって嬉しいという返事が来た。オノマもそうだったのだが、見知らぬ外国とつながっていることは思春期のムズムズした、かったるい情動を解き放つ効果があったのではなかろうか

 

1962-5-13付、新潟からの手紙があった。五十数年前、駿台予備校四谷で一緒だった伊藤雅治君

 

(東大理三=医学部に合格せず)新潟大学医学部に進んだこと、新潟大学でインターンを終えたら京都大学大学院に進みたいと書いてある

検索したら当時の面影の残っている写真や活躍している様子にたどり着き、やれ嬉しや、連絡をとろうと思ってさらに検索したら先月亡くなったという訃報にたどり着いてしまった

 

残念に思ったが、活躍していた様子が分かって嬉しいきもちのほうが大きかった

 

伊藤君の訃報新聞記事をFBに載せたら北海道在の知人=医者から、知り合いか?というコメントが来た。伊藤君、医者の世界では知られた人だったらしい

 

コメントに答えて:

予備校時代に気の合った人です。手紙にボート部に入ったとあり、そういえばオノマも一時ボート部にいたので(合宿が多くて授業に出られないので半年ほどでやめました)再会したかったと57年後のほろ苦さで

 

伊藤君が行政はかくあるべしという姿勢で仕事をしていたことがわかる記事を以下にコピペ

https://career.m3.com/contents/epistle/masaharuito

 

大学受験で第一志望が叶わなかったわが孫よ、人生はかくなるもの、はたちから後の五十年でもって(志望がかなった人たちを)悠々超えることができるのだよ

 

北バンクーバーは長雨がおとといやんだ。これから十日ほど晴れの日が続くとの予報。伊藤君の充実した生を喜び、死を想い、はてさて、これがきっかけとなり断捨離が大いに進むのではなかろうかという気分になっているオノマ

 

二年前の作

重い靴脱いで旅立つ秋の空

 

 

 

ほんじつの改作

すり減った靴脱ぎ捨てて秋のそら

 

そら・・空ではなく天あるいは宙

地上における七十余年の業を終え、肉体を離れ、秋晴れの天へ昇華していった伊藤君への思い

 

オノマ、ボート部をやめたと書いたが、やめたのは東京オリンピックに出た部員もいた東大漕艇部であり、やめたあとも教養学部のボート同好会に入って漕いだ。漕ぎ手が六人しかおらず、漕艇部(漕艇会だったか?)にくらべると向上心は限りなくゼロに近かった

 

それに比べると、古希で一発合格したインストラクター・オノマスキーのスキーへの向上心はいまだ燃えるがごとしである。ふたたび雪上に遊ぶことができるかどうかはビミョーではあるのだが、これから二十日の勝負

| おのまのプロフィール | - | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:18 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5357
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters