木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 47年前 | main | 猫ログ 38 >>
あいかわらず失敗の原因をみようとしないニッポン

東電福1原発事故について、業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久・元会長(79)、元副社長・武黒一郎(73)、武藤栄(69)の判決が9月19日、東京地裁であった

永渕健一裁判長は津浪の想定は不可能であったという理由をもって全員に無罪を言い渡した

 

永淵裁判長の判決理由は破綻している

 

なぜなら

 

東電の社内で津波を想定して対策が必要だという具申があり、経営陣がネグったという記録が残っている。想定は不可能であったのではなく、東電は想定していた(が対策を講じなかった)のである

 

2008年6月、東電安全担当部門は原子力立地本部副本部長・武藤栄に「最大津波 15.7メートル」という予測値を提示したうえで対策を講じる必要があると具申した。武藤は予測値に信頼性がないとし対策を講じさせなかった。2011年3月フクイチは津波に襲われ崩壊した。2019年9月東京地裁裁判長・永淵健一は津浪は想定できなかったという理由で武藤を無罪とした

 

だれがみてもおかしいだろう。未必の故意。勝俣以下三名は有罪である

 

原発事故の究明と対策を執拗に追っていた佐藤栄佐久(元福島県知事)をありもしない汚職事件をでっちあげて有罪とし、対策を講じなかった勝俣恒久(元東電会長)らを無罪とした日本の司法のデタラメは世界中に知られ、歴史に残る

 

それでいいのか、ニッポン

 

| おのまのプロフィール | - | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:08 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5331
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters