木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 猫ログ㉞ ゲンキー記・ねそべる 2006-9-29 | main | 猫ログ㉟ ネコミチイクヨ・前編 2006/10/1 >>
9月11日未明

ここ数年、眠りが浅くなっていて、最近は二時間ごとに目が覚める。覚めると二三時間も眠れなくなることもあり、すぐまた寝てしまうこともある。目が覚めるときの感覚は生死の境目に似ているのではなかろうかと感じたりする

 

若かった頃には見なかった夢をよく見るようになった。敵わないなあと思う夢が二種類あって、それぞれ何十回となく見ている

 

ひとつは東大に通う夢。何年もまえに卒業したことを分かっていながら、もういちど受験しようとしている。なんでもいい、もっと真面目に勉強しよう。しかしなんの準備もできていない、合格むり!と焦ってる夢

 

合格したけれどずっと授業にでていない、出ようと思ったがどの教室に行けばよいのかわからずあちこちの教室を覗きこんでいる夢

 

もうひとつは昔つとめていた銀行に戻っている夢。入社して三年間従事した単純作業の場に、この年で配属されたのは諦めるとして、顔もしらない若いひとたちばかりで居心地がすこぶる悪い

 

以前はトップとして勤務した店にふたたび転勤を命じられ赴任してみると、自分の机がない。などなど不愉快な夢。銀行を去って四半世紀、いまや続々と同僚、先輩、はたまた後輩が亡くなっていくというのにかくなる夢よ現れるなかれ

 

今朝がたは良い夢をみた。ガラス戸越しに猫・ゲンキーが座っていてこちらを真正面からみている。とても元気そうである。やさしげな表情である。これは夢だと思ったが、いや、そんなことを思ってはいけない、ゲンキーの姿が消えてしまう・・・

 

手遅れ・・・

 

ゲンキーは徐々に消えていったが切ない感情は起きず、ああ、良い夢をみたと嬉しかった。体がポカポカしていた

 

猫ログを書いているからそんな夢をみることができたのだろうと思う

| おのまのプロフィール | - | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:17 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5323
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters