木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 気まぐれオノマ。猫について書いた過去ログをコピペします | main | 猫ログコピペ >>
猫について書いた過去ログコピペ

フェリの理 2004-10-19

 

明け方なんどやっても出来なかった、フェリさんのメールのコピー、ようやくできました:

「2階バルコニー ・・・ どうやらそこには 餌付けされたリスや小鳥たちがこのところ頻繁にやってくるようだ・・・ 」

という事実を知っているのは、なにも人間だけではありません。人間よりも狩猟本能やその能力が遥かに長けている奴がいるのを忘れてはいけません。そう、もし私がピーシーだったら、断然 夕暮れ時を狙います。

なんてったって筋金入りの夜行性動物ですから、いくら日中は情けないほどぐうたらしていても、夕刻あたりから散瞳し始めた目はらんらんと輝き、動作は見違えるほど機敏になります。

一方鳥はというと、網膜周辺にある棒細胞でのロドプシン産生が乏しいので、( いわゆる夜盲症、とりめですね )一刻も早く安全な巣に帰らないことには、あたりは危険極まりない状況です。

バルコニー軒下に吊り下がった赤提灯で帰宅前に一杯やってるお父さんジェイ・・・

これに狙いを定めたピーシーが、気迫の入った跳躍と打撃で一瞬にして餌かごを落下させた!! 猫は、間一髪のところで飛び去ったジェイ( ごちそう )に未練はあっても、目の前に散乱している南京豆( 非ごちそう )にはまったく興味を示さないでしょうから、これをまるで何事もなかったかのように、きれいさっぱりおかたづけしてくれたのはリスです!

これを「 リスの利 」といいます。これが「 フェリの理 」です。
                        おしまい


こういう風に誰かが日記の続きをかいてくれると楽ですね。フェリさん、ありがとうございました。

それにしても、ピ−シーはのたりのたりと歩いているのでそういう姿は想像しにくいのですが、屋根から籠へ果敢に跳んだとすれば格好良い。次の瞬間バルコニーに落下したとしてもです。

ところでリスがくると糞の掃除をしないといけないのでバルコニーの籠は一切片付け、パティオにえさを撒くことにしました。バルコニーにまだ未練たらしくときどきやってきますが、無視。

おとといはパティオに張ってあるテントを二年ぶりに外しました。六畳ほどのテントは苔がついて重かったのですが洗うと乾いたせんべいのように軽くなりました。パティオには金属製の枠がのこり、殺風景な感じになりましたが、木の枝にぶらさげていたえさ箱を中央につるしてみました。まだ、鳥がくる様子はありません。

| おのまのプロフィール | - | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:25 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5254
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters