木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 古賀茂明「安倍首相は官民ファンドを即刻全廃すべきだ」 | main | ホワイトハウスへの請願運動の勢いが止まらない@辺野古土砂投入阻止 >>
老婆心ながら岩屋毅さんへ@辺野古埋め立て

12月15日、岩屋毅防衛大臣が辺野古への土砂投入を問われて答弁をした由

おそらくは心にもないことをおっしゃったのであろうとは思うのだが、老婆心ながら以下ご忠告もうしあげる

一歩譲って新たな米軍基地をつくることが国民のためだとして、民意を一顧だにせず強引にことを進めるのは国民に対して戦争を仕掛けるようなものなり

来年の選挙に影響があるから今のうちにやっちまえと始めた土砂投入

 

岩屋大臣におかれては傲慢にして粗暴な安倍首相や菅官房長官と一体化するのは危険であることを自覚され、政治家としての在り方を熟慮されるのが賢明である

 

戦後七十余年。いまだに沖縄を傷めつけるのをやめようとしない本土政府は狂っている。安倍政権は歴代政府と比べて沖縄への思いが口先だけである。米国にもオバマ前大統領をはじめとし海兵隊は沖縄からグアムへ移そう、沖縄に新たな米軍基地は要らないという意見はあるのだから、その路線でことを進めるべきであり、安倍首相保身のための土砂投入など論外である

 

岩屋毅防衛相(発言)

 (沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場名護市辺野古への移設計画について)日米同盟のためではない。日本国民のためです。

 今、日本の守りの最前線は南西地域。この地域の抑止力を減退させるわけにはいかないという考え方に立って、しかし沖縄の過重な負担は減らしていかなければいけないという決意の下に、(辺野古沿岸部埋め立ての)こういう判断を行っているとご理解をいただきたい。(15日、北海道千歳市で記者団に)

| おのまのプロフィール | - | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:30 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5196
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters