木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 山便り A Snow で行こう | main | 老婆心ながら岩屋毅さんへ@辺野古埋め立て >>
資料 古賀茂明「安倍首相は官民ファンドを即刻全廃すべきだ」

安倍晋三さんは森友、加計問題、トランプさんから兵器を爆買い、外国にバラマキ、などなど、国富を浪費し放題であるが、官民ファンドも同断

 

元官僚による分かりやすい解説&提言をみつけたので掲載 

http://dot.asahi.com/dot/2018120900007.html?page=1&fbclid=IwAR1xn4aA63AVMTAw_kCZXbfy6NWiIqQWdlw5FtLUjtVXwBi6pgWhcenDBHs

 

官民ファンドが無用だというのはさておき、そこに転身する銀行員が一億円ちょうだいという絵も嫌なもんだなと元銀行員・オノマは嘆じる

 

オノマが入った当時、社長の年収は新入社員の六倍であった

 

今の相場を詳しく知らない

 

ググる

 

銀行の初任給は二十万円程度の由。二十万x12か月=二百四十万

 

ボーナスが分からない。仮に百六十万円だとする。年収=二百四十万+百六十万=四百万

 

一億円は二十五倍なり 

 

所得格差が開いていく社会とは日々荒んでいるということではないのか

 

オノマが社会人になった頃の日本は、政治家も企業人も、日本人全員を一個の有機体、生命体、あるいは家族とみなして、共存共栄をめざしていたと思う

 

1985年あたり、バブル経済が始まったあたりから、おのれの得になることならなんでもありという人種が増え、かれらが各界のトップになり、日本の病状(事実隠蔽、改ざん、格差拡大、モラル低下、ダブルスタンダード、違法行為、犯罪)が悪化し、衰弱が進行しつつあるように感じる

 

所得格差が開いていくというのは頭と足をもって体を引き裂かんとするがごとし。舌の欲するまま飽食し内臓を損ない、命を縮めるがごとし。所得格差を五倍くらいに抑えるべし

 

さる大企業の重役から某ファンドの重役に転身したばかりの頃、ファンドに対して批判的なコメントを口にされていたKさん、あれから二十年、今はどうお感じなのか、気がむいたらコメントを・・・😎 

 

★ 追記

五年前に官民ファンドへの批判を書いていた、官僚出身国会議員のブログを発見

 

実相を知っている官僚OBはどんどん発信して欲しいし。マスメディアは拡散に協力して欲しい

 

http://www.eda-k.net/column/week/2013/01/20130128a.html

 

| おのまのプロフィール | - | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:03 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters