木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 熊の企て | main | ジェイの悪智恵 >>
熊の企て・つづき
明るくなってからみると小鳥のえさ箱はほとんど空になっていました。ひまわりの種ですが、そんなものまで熊が食べると初めて知りました。木陰においてあったコンポストもひっくり返っていましたが、くさりかけの野菜をたべたのでしょうかね。まあ、漬物に似たようなものと云えないこともないけれど。

夏の夜にともす金属製のトーチがかしいでいました。一年程前もそんなことがあってトーチを埋めなおそうとしたら根のほうが曲がってるので不審に思ったことがありますが、あのときも熊がきていたのでしょう。

留学時代にもお世話になったカミ保険に問い合わせると熊の被害もカバーしているが、五百ドル以下は免責との回答。ガラスのテーブルトップを作ってもらうのに五百ドルはかからないでしょうが、ほんと、今年は思わぬ出費がかかる年です。

夕刻、浜えい寿司に行くと、シェフの蕨さんが、ついこの前、この近くのコンドミニアムに二頭の小熊が現われ、いちどいなくなったがまた戻ってきたところを撃ち殺された、気の毒に、黒熊でしょうと言います。

グリズリーという大型の熊にくらべて、黒熊はおとなしくニンゲンを襲わないと言われています。小熊を連れいる親熊はニンゲンを襲ういうのも真実ではないそうです。それに我が家から熊を見たのはこれまで二回はいずれも夜中。ニンゲンと鉢合わせしない時間を選んでいるような気がします。

と書いたのですが、そういえば西バンクーバーの種村さんのところには昼日中パティオに現われてるのを思いだしました。若い熊はニンゲンからみると恐怖の対象であるということを自覚していないのでしょう。ニンゲンに危害をくわえる意思がないのであれば、撃ち殺さないで解決する方法はないのでしょうかね。同衾は荷が重いとしても、麻酔で眠っているのであれば山に戻すためのアッシーくらいやります。

http://www.bear.org/Black/BB_Home.html
| おのまのプロフィール | 動物 | 18:46 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:46 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/508
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters