木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 民進党を自殺させたはいいけれど・・・ ♬ あっと驚く前原さん  | main | 明日は投票日。自民党ないし公明党に投票してきたあなたへ提言 >>
ブログの更新が遅れました・・・秋の空

日本の政治風景を見ていてなんだかアホらしくなり、ブログの更新をする気も薄れてしまいました。安倍晋三さんのせいです(笑)

 

気を取り直してバンクーバー風景を書くつもりになったのですが、それから半月もたってしまいました。遅まきながら「秋の空」という季語は手軽にすぎるかなと思いつつ書きます。

 

★「秋の空」

 

 

1860年の頃カナダ西岸に生まれた町、バンクーバーの発展を見越して、ある時期の施政者やビジネスマンたちがここを未来の背骨にしようと考えてメイン・ストリート(主要通り)という道路を造った。というのはオノマの想像であり資料にあたって調べたのではないのだが、まあそんなところであろう。

 

背骨の両脇に伸びる骨には数字とウェスト(西)、イースト(東)がつく、West 1st  East 1st  West 2nd  East 2nd  West 3rdといった道路が約100メートルの間隔で並んでいる。南端は70番台である。1stより二百メートルほど北にターミナル・アベニュー(終着路)という通りがあり、終着駅、冒頭の写真がある。

 

 

バンクーバー発祥の地域が魚の頭で、今はダウンタウンと呼ばれているのだが、そこの通りは数字ではなくジョージアとかロブソンとかいう名前である。

 

通りが増えると名前が追いつかなくなるから数字にしたのであろうというのも想像でしかないのだが、100メートル間隔でならぶ道路に番号がついているのは車で移動していて今どの辺にいるのかが分かって便利である。

 

2017年の今、メイン・ストリートに町の背骨という感じはない。空港やアメリカへ行くにはメインより西にあるキャンビーとかオーク、あるいはグランビルといった通りのほうが便利だし、住宅街も概して西にいくほど高級になる。

 

キャンビー沿いには2010年バンクーバー・冬季オリンピックを機に整備された電車の駅が並び、いまも再開発が進んでいる。

 

メインは時代に取り残された感がないでもない。もっとも、そう感じるのは北バンクーバーに住んでいるオノマがメインを車で通るのは年に一度あるかないかであることが原因しているのかもしれない。

 

といったわけで、メイン・ストリートを歩くことは滅多になく、もしかすると通算二十年ほどになるバンクーバー暮らしで初めてだったのかもしれない。9月30日(土)の夕暮れ、知人たちの希望でメイン・ストリートを数十メートルほど歩き、道の東側にあるソントンパークという公園を横切りステーション・ストリートという道に入った。

 

ステーション・ストリートという名前のとおり、ここに先程の駅舎、パシフィック・セントラル・ステーションがある。駅から東に向かってカナディアン・ロッキーやトロントへと鉄道が延びている。

 

ちなみにステーション・ストリートは南北、ターミナル・アベニューは東西の通りである。

 

ステーション・ストリートのまんなかに黒いものが見えた。公園にはリスがいるとしたものであるがまったく動かない。

 

近づくにつれて靴だとわかった。いま脱いだばかりという風情だった。

 

なんでこんなところに靴があるんだろうとつぶやいたら木に登っているんだよと知人が言った。ああ、そうかと見上げた。

 

木は生い茂っていて人の姿は見えなかった。

 

からかわれたのだと気づいた。木に登ったとしたら靴は木の根元にあるはずだ。ドッキリカメラの類かなにかのいたづらだろうかと思いつつ写真を撮った。

 

帰宅してその晩、床につくとその時の光景を思い出し、何の目的があったのかと考えた。答えはでなかった。

 

朝になって目がさめるとまた靴のことを考えた。

 

靴のあとで撮った夕日に映える駅舎が靴と溶けあい、そして「秋の空」という季語が浮かんだ。

 

重い靴 脱いで旅立つ 秋の空

 

靴を脱いで天にのぼっていく人の姿を想像したのである。

 

人が空へ昇っていくという絵はおよそ現実的でないのだが、それはリクツ、世の中にはそういうことをやってのける人がいるのかもしれない。

 

空でなくてもいい、汽車に乗って東へ向かったのでもいい。目的地はない。ただただ、この町から去るのみ。

 

靴だけでなくすべてのものを脱ぎ捨て、持っているもの、友人知人、自分の肉体、あらゆる記憶、一切合切を置いて、どこかへ消えて行くのも良いなあと感じる秋の空であったのか。

 

などということを考えてなかなか良い朝であった。

 

| おのまのプロフィール | - | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:07 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5060
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters