木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 流れる雲 | main | やめるべきか >>
外付けの洗い場

築六十年超の我が家を十六年にわたって少しずつ改造してきましたが、目下のところ、コスパでいうと、壁を挟んで台所の外に造ってもらった簡単な洗い場が一番です

 

コスト:園芸用テーブルの一部を切って中古のシンクをはめ込み、壁に穴を開けて家の中の上下水道管とつないだだけ

 

材料費+手間賃=十万円以下

 

パフォーマンス:とても使いやすい

 

使いやすいというより使っているあいだ気分が良いと言うのが正しいかもしれません。汚れものを洗うという作業自体を気持ち良く感じるのです。家の中の台所では面倒に感じるのに外だと幸せ感が生じます

 

洗った食器やまな板などはそばにある古テーブルに乗せて天日と風で乾かします

 

なんなのでしょうかね、同じ作業でも内と外で気分が異なるというのは

 

これこれこういう理由でこうなる・・という理屈が思いつかないのですが、ものはためし、人生は一度、家の構造が許すのであれば外に洗い場を作られることをお勧めします

 

外付けの洗い場

 

食器洗いより楽しいのが糠漬け作業です

 

前日につけておいたものを取り出す、出したあとに新しい野菜を漬け込む、容器に蓋をして濡れタオルで覆う、日の当たらない場所に置くという一連の作業が楽しいのです

 

糠漬けを冷蔵庫の中に入れておくと冷蔵庫を開けたときに糠漬けの匂いが部屋に広がります。糠漬けを切るとき、新しい野菜を漬け込むとき、なんとなく手早くしないといけない気分になります(まあ、ならない人もおられるでしょうが)。外だと匂いは気になりません

 

急かされた気分がまったく生じず、安倍晋三さんお得意の「丁寧に」糠漬けを取り出す、「丁寧に」漬け込む、「丁寧に」フタをする、「丁寧に」・・・

 

 

外付けの洗い場で切る糠漬けや

 

安倍晋三さん、仕事しない閣、いや、仕事師内閣という掛け声は結構ですが、そのまえに、懸案となっている事項のひとつひとつをうやむやにするのではなく「丁寧に」解決、解明することが肝要です

 

原発電源喪失、安倍記念小学校、お友達のための戦略特区、陸自のイナダ反逆、どれも解明されていません。気合を入れて丁寧に洗いましょう

 

 

古漬けをそのままにして加えても野菜は旨く漬からない

 

| おのまのプロフィール | - | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:41 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5044
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ