木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 忖度・そんたく@全体主義の雰囲気を描いたNHKスペシャル | main | 資料・「知事抹殺の真実」の上映が続いている (知事抹殺35) >>
いたづら描き・バリエーション

私は二人の友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聴いた

 

ご存知(ですよね)、ムンクの文句

 

ウィキ:エドヴァルド・ムンクEdvard Munch ) 1863年12月12日- 1944年1月23日)ノルウェー出身の画家。『叫び』の作者として世界的に有名

 

 

ムンク@70歳

「叫び」とはだいぶ違って見えますが内には「不安」を抱えていたのでしょうか

 

以下はご存知(ですよね)ハク・オノマガの作品です

 

オノマガの長女によると本人そっくりだそうです

 

これもハク・オノマガの自画像なのでしょうか。三連作になっています

 

ムンクの「叫び」に似てますね(空々しい・・)

 

バリエーション

画題は「陶然」といったところでしょうか。温泉につかっているような、はたまた絶世の美人を眺めているような・・・

 

バリエーション

誰かに似てるような気がしますが、はて誰だろう・・・ケンナオコ?

 

ハク・オノマガ@74歳

日本の世相、政相に「不満」はあるけれど、ご本人に「不安」はないそうです

 

でも何か寂しげです

 

寂し毛・・・・

 

修正


 

 

 

 

| おのまのプロフィール | - | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:54 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/5016
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ