木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ♪ | main | 資料・原発に対する政治家の姿勢 >>
コメコメ・あけましておめでとうございます

新年早々、コメントを頂きありがとうございました。

心肺停止気味のブログもコメントを頂くと蘇生します。

いただいたコメント:

明けましておめでとうございます。
スイス・アルプスは記録的な少雪だそうですね。

http://earthreview.net/switzerland-no-snow-driest-secember-since-1864/
スキーリゾートが困っておられるそうです。

日本では75歳まで老人ではない事になるらしいです。
私は老人から準老人に格下げ(格上げ?)になります。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017010501000884.html

以上 最近知ったニュースを書いてみました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

| 和久希世 | 2017/01/06 3:12 PM |

 

日本に遠征している仲間から雪が少ないというレポが届いていますが、スイスもそうとは知りませんでした。

反対にバンクーバーは豪雪の冬です。

当地は近海に黒潮が流れているせいで温かく、例年の冬は雨季になるのですが、今季は南下した寒気のせいで平地でも零下の日が続き、町は雪に覆われています。

海抜千メートルの山は零下十度を切る日があり、歩くとキシキシ鳴る乾いた雪になっています。

当地に住んで十六年目、スキーヤーにとって一番良い冬です。

今年は後期高齢者になるはずだったオノマも単なる高齢者にとどまるわけですか。

近年の年齢分布を見てそういう分類が合っていると判断されたのでしょうね。

全人口を俯瞰すればそうなるとして、実際には個人差があって、老人でないとされる人が亡くなるのはオノマの周りをみていくらでもあること、肝腎は長生きすることよりも、一日一生、今日を生き生きと生きることであろうと思います。

五年前になくなった猫・ゲンキーもそうでしたが、毎日餌台にやってくる小鳥などは時々刻々が充実しているねえと感心します。

富士山 新春特別大サービス

なんちゃってインストラクター・オノマスキーは内外の仲間に「山便り」を送っています。以下は一月二日号です:

 

山便り13 今季一の寒気

12日・月

冬休み最後の日の状況や如何(いかん)とグラウスに山上しました

車のドアが凍っていて家を出るまで手間取りました

 

8:10 乗り場に到着 

遅すぎです。長蛇の列です

とても寒いです。指先が冷たくなり、背中がぞくぞくしてきました

強風でオリンピックチェア(ピークに至る)はスタンドバイ、スキーウィー(幼児向け教室)は中止というおふれ、列を離れる人が数人いました

オノマもこのまま帰るのが賢明かなと思いましたが、まあ実情視察と決めました

8:40 四本目のゴンドラに乗りました

山上は晴天、零下十度、強風

体感温度零下十七度ないし十八度

グラウスでこんなに寒いのは珍しいです

さっきから凍えていた指先が一層冷たくなり、なにかにぶつかったらそのまま砕けるかもしれません

カットにグルームの痕跡なし

板で削られてできる雪の粉末が風に舞っています。何をしなくても滑る硬いゲレンデ、最高のコンディションとはいえませんが練習にはもってこいです

しかし、寒い。指先の感覚がなく、ポールを持っているのかどうかも分かりません

リフト乗り場は大混雑

グラウス・タイー・スキー・クラブがざっと数えて百人、アルカン・ナンシー・グリーン・スキー・リーグが数名、四人連れのファミリーなど、四人一組でリフトに乗る人が多く、シングルラインはなかなか進みません。下半身も冷たくなってきました

ようやく乗ったリフトが強風で安全運行ときました

風にさらされて全身が凍(い)てつき、厳冬の味、凍み豆腐(しみどうふ)の人間版

一本でやめました

9:24

下山のゴンドラには、半時間ほど目の前に並んでいたファミリー四人も乗りこみました

だれかがスタッフに時間を訊き、こんな(早い)時間に降りるのは初めてだと云ったら、乗客一同がわが意を得たりと笑いました

同じ苦難を同じ時間に共にすると見知らぬ人々のあいだにも連帯感が生まれるものだと思いました

凍み豆腐 どっと笑って また黙る

冬休みを総括すると、24日は思ったほど混まない、25日は空いている、30日はスキースクールが多い、冬休み最後の日は一層多い・・といったところです

冬休みは今日でおわり、明日からふたたび大人の世界になります

予報によると明日も快晴、零下十度です。風はおさまって微妙に温かくなるのではないでしょうか

 

 

| おのまのプロフィール | - | 19:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:40 | - | - |
HN和久希世(dendrodium) ですが一見すると非常にまじめな護憲左派に思われるが、・・・何かが微妙に違う。
悪質なネットウヨにさえ自分から訪ねて行って会話をするなど温厚そのもの。私もうっかりと勘違いしてコメントしていたが、
日本のネット世界には何故か多い隠れキリシタンで『ダーウィンの進化論は間違いだ』とのファンダメンタリストの何たら獣医のお友達というか同類項。
どれほど他に正しい記事を書いていても『ダーウィンの進化論は間違いだ』ではアメリカの宗教右派のように政治的に非常に危険な存在です。
本人もこの事実をよく知っているので、必死になって隠している様は滑稽でもあり哀れでもある。まあ、安全のためには近づかない方が良いでしょう。
| 宗純 | 2017/01/11 10:36 AM |

世界は刻々と変わっていきます。

かつては一日に二千人の訪問者があった木霊の宿ですが、最近は五十名をきる日が多くなりました。原発事故で住人がいなくなった町みたいです。

ウヨクの方、サヨクの方、はたまた信者、無神論者、老若男女、どなたでもウェルカム(笑)ということで如何でしょうか。




| オノマ | 2017/01/18 12:29 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/4956
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ