木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 九年ぶりの健診でシュールな経験をしました | main | 晋三さんは英語で演説するのがお好き >>
沖縄・東京戦争 沖縄の勝利が安倍さんの願いを叶える

「沖縄・東京戦争」シリーズ、前回のブログから十六日もたってしまいました。

なんでだ・・・

1 オノマの視力低下は進行中でパソコンに向かうのがしんどくなっています。

2 オノマが書くことが辺野古ノーで東京と闘っている沖縄の足を引っ張ることになる恐れなきにしあらず、滅多なことを書いてはいけないというためらいがあります。

しかし、自分の立ち位置を確かめるためにも書くのが良いと気をとりなおして、少しずつ書いていきます。はやりの「ツブヤキ」だと思って読み流してください。

前回の骨子です。

^打椰源阿気鵑「脱却」を目指している「戦後レジーム」は「憲法を頂点とした、行政システム、教育、経済、雇用、国と地方の関係、外交・安全保障などの基本的枠組み」と定義される。

▲譽検璽燹畧い力帆箸澆肋錣吠儔修靴討い襪里世ら、ことさら「脱却」と力むことはない。

0打椶気鵑砲蓮峭餡伴腟繊廖峽鎧主義」の日本に回帰したいという狂気じみた野望があるのかもしれない。

戦争中から今に至るまで続いている「東京の最大幸福を図るために沖縄を犠牲にする」という図式を改めないから「沖縄・東京戦争」が起きているわけですが、この戦争で沖縄が東京に勝つことが即ち、安倍晋三さんがいう「戦後レジームからの脱却」につながるのだという論を展開するつもりで書きはじめたのですが、ほんじつは次の指摘をするにとどめます。

早い話、辺野古に新しい米軍基地をつくることが日本の国益に沿うことなのだから沖縄は黙って受け入れろというのが東京の姿勢ですが、これは戦争中の帝国陸軍、海軍の姿勢となんら変わりがありません。



1945年4月1日、米軍は沖縄に上陸し、6月下旬まで沖縄での地上戦が続きますが、このとき日本軍は沖縄住民を戦闘に動員し、乳飲み子を背負った女性にも竹槍を持たせて戦わせたり、足手まといになるからとか、捕虜になられたら情報が敵に伝わるからとかいうリクツで老人や婦女子、乳飲み子らを殺害しています。

4月20日、大本営陸軍は日本本土決戦を想定して「国土決戦教令」なるものを出し、仮に米軍が捕虜になった沖縄住民を盾にした場合は躊躇せず攻撃せよとか、沖縄住民に負傷者がでても看護するなという命令を出しています。

かくなる沖縄住民を軽んじた軍人たちの身勝手さが今に至るまで東京に存在しているから、辺野古に新しい基地をつくることは日米同盟に不可欠だとか、抑止力に欠かせないといった論が生まれるわけです。


白旗をかかげて出たら米軍に殺されるぞと脅されたり、捕虜になったらお前は非国民だ、敵だと怒鳴られたりしたのですが、なんのことはない、四日のあいだに原爆を二発落とされたとたん、東京の軍人、政治家たちは次は皇居に落ちるとおののき、あわてて降伏したのだから卑劣極まりない・・・とは以前にも書きましたっけ。

多分、これからも書くのでしょう。地上戦をしなかった東京は卑劣極まりなかったのです。

「国土決戦教令」
| おのまのプロフィール | - | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:23 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters