木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< カナダの愛国心 | main | 為替で儲ける・固定相場と変動相場 >>
火曜日に考えたこと・日本のインフレ

土曜日はゆっくりしますが、日曜日からはまた勉強の連続です。新学期になり国際ファイナンスをとっていますが、pの職場で実践や勉強をしていたことなのでモーリス・レビという若い先生とおおいに意見を戦わしました。現場の体験がなく学校で学んだだけのレビを追い詰め困らせたこともあります。

火曜日になると勉強モードたけなわになっていますが、その一方で一ヶ月遅れで図書館に届く日本の新聞でインフレが進んでいるというニュースを知ります。会社へのレポートのなかでこういうことを書いています。1973年3月3日付けレポートです。

日本のインフレを考えると一日でもはやく固定為替相場(日銀がドル・円レートを維持するために大量のドル買いをする⇒日本国内の流動性が増大⇒インフレ進行)をやめさせたい。固定相場制ではボロ儲けが可能だが、この儲けはミクロ経済に限った儲けであり、マクロ経済でみると、富の偏在、摩擦の増大など人心を惑わす張本人にしか過ぎず、日本全体としてはマイナス。

レポートを書いた半年後、1973年10月末、大阪千里ニュータウンで主婦200人がトイレットペーペーに殺到します。これを機に日本中に「物不足」のうわさが広がり、洗剤、砂糖、塩、灯油などの買占め騒ぎが翌年二月まで続きます。レポートで書いた人心の惑いの頂点でした。広告をみると不動産の値段がどんどん上がっています。留学を終えて日本に帰ったときは家を買うことが出来ないだろうと覚悟しました。カナダの不動産を買うことになった一因でもあります。

レポートの三年後、1976年1月、ジャマイカで開催されたIMF(国際通貨基金)暫定委員会で変動相場制度が認められます。



| おのまのプロフィール | ‘70年 | 12:13 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:13 | - | - |
http://onomar.jugem.jp/trackback/471
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters