木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 謹賀新年 | main | 資料 米国元国防長官が回顧録で大統領府、官僚、議会を批判 >>
逆転層

一月六日(月)朝九時

山の中腹にある我が家の外気は零度で車の窓には白い氷がびっしりとついていたが、グラウス山上に着くと六度と暖かかった

こういう風に低地より高地の気温が高くなっている現象を「逆転層」英語では「temperature inversion」という

通常であれば低地と高地のあいだでは大気中で対流が起きていて高地のほうが低温だが、何らかの原因で低地の空気が上昇できなくなってしまうのである

シロート考えだが排気ガスなどで汚れた空気は重いのだろう。重いのがだんだん溜まっていき、時間がたつほど地表から逃れにくくなる

北京だけではない、バンクーバーも重くて汚れた空気層が上昇できず低地に滞留する例は少なくない。海にでて遠くからバンクーバーをみると分厚いスモッグの層がはっきり分かることがある

海から見たときほどはっきりではないが、こうして山上から下界を見下ろしてもあの雲から下は汚染された空気が溜まっているんだなと感じられる

そんなことはともかくとして、学校の休みが終わってスキー場はガラスキ。ゲレンデには十人ほどしかいない。意外にシニヤーは少なく中年どころが半分といったところ

圧雪したばかりで誰も滑っていないところをパチリ

雪面は硬からず柔らかからず。自然に立って、ただただ重力に身を任せればさながら幽体離脱の心地

う〜ん、エクスタシー 

滑ったあとをパチリ

十一時に下山

十一時半、野中かまぼこを肴に、冬になると店頭に現れるミル・ストリート・ビールをグイ

う〜ん、エクスタシー

野中かまぼこ

http://www.jakoten.co.jp/

ミル・ストリート・ビール

http://millstreetbrewery.com/

| おのまのプロフィール | スキー12 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:39 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4519
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters