木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ひまわり残 | main | 芝裏公園の攻防 >>
コメコメ@テレパシー

さきほど気がついたのだが十月五日に六年前のブログにコメントを頂いていた。

感違いかもしれないが昨今はツイッターが流行っていてブログが廃れてきた感がある。ブログが登場するまえにあった様々なホームページの多くが消えていったようにブログもまた消えるのかもしれないと思ったりする。リンクしてあるブログも更新されないのが増えつつある。

ブログと比べると一回ごとのメッセージが短いツイッターは簡便で、双方向のやりとりも速い。ブログは字数制限がないからついつい長文になったり脱線したりする。

出版物にたとえるならホームページは更新が遅かったり全くなかったりする年鑑とか画集といったもの、ブログは人によるが更新が頻繁にあるから週刊誌とか日刊紙、ツイッターはめまぐるしく更新されるから瞬間紙(?)。


しかし、こうして六年も前のブログに対してコメントがあったりするとツイッターにはできない芸当だろう、六年どころか一月前のつぶやきに遡ってコメントすることなども滅多にあるまいとなにかしら勝利感のような気分になる。

そして、数千、数万冊も売れる有名作家の本ならいざ知らず、一日の訪問者が最近では二百人前後に減っている、しかも無名のオノマが書いたものが六年という時間に耐えたということ自体もすごいと思う。

まあ、そういう感興は脇に置いて、以下に頂いたコメントと六年前のブログの一部を転載する。


ブログの一部
テレパシー 1
地上のイキトシイケルモノは地球が生み出したもの、それぞれが個体として分かれて存在しているが元はひとつである。

猫、犬、猿、鳥、魚、虫・・・すべては地球という生命体の一部である。

そういうことであるから個体同士が時に一心同体になりたがったりする。

空間を介して離れていてもテレパシーでもって精神の交流をしたりする。

(マノオの仮説



頂いたコメント:


個は、生命存続のための戦略でしょう。もとはひとつ、一回限りです。絶滅を回避するため、生存のための生存のために、個別化しました。進化は適応だけでなく、戦略としても解釈されます。
| 安西 光彦 | 2013/10/05 2:40 PM

http://onomar.jugem.jp/?day=20071207



コメントを読んだのが「ひまわり残」というブログを書いた直後だった。タイミングの妙なり。

コメントの趣旨とは異なるだろうが次のようなことを考えた。

咲き誇っているひまわりがリスによって食われていく光景は残酷だと思ったのだが、もしリスがいなくても個としてのひまわり自体が死ぬのは時間の問題である。

生きたまま食われることが残酷であると感じるのは自然な感情であるのだが、あらゆる生体に死が訪れることに思いを至らせれば残酷という形容は木を見て森を見ず、狭小な感傷でしかない。

個が短い命をつないでいくことによって全体が永らえる。

ここまで書いてハタっ。

オノマ、全体主義に与(くみ)するものではない。一瞬一瞬に存在する個が与えられた時間の中で輝いている存在であってほしい。

みずからの同胞を肉弾として葬ることを恥じなかった全体主義者や戦争屋のヘリクツを繰り返してはいけない。そういうことをやりかねない連中が今の日本でうごめき始めている。連中にだまされてはいけない。

脱線した。


地下室前の最後のひまわりを今一度みる。

オノマが乗れるほど大きい。重くて硬い。人を殺せるかもしれない。



黄色いのは花だろうか。ググル。


大きなひとつの花のように見えるが頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まってひとつの花の形を作っている。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。(ウィキ)


筒状花の下には沢山の種がある。ざっと目算すると千粒はある。



一粒の種から大輪を咲かせ、その中に千粒の種をつくるとはおぬしやるではないか。


七月に「ことしの訪問者」というブログを書いた。
http://onomar.jugem.jp/?day=20130731

読者の中にはことしの訪問者がどこからきたのかがお分かりになっている方もおられよう。

さよう、鳥のために供している餌に混じっているヒマワリの種が地面に落ちて育ったのである。

何年も前から買っている餌だが、今年は餌台付近の土をさらって雑草の類を取り除いたせいでヒマワリが育つ環境ができたのだと思う。

下の写真、右の三粒が餌にまじっているヒマワリの種、左の数粒が筒状花の下から取り出した種である。



新しく生まれた種を来年の夏に撒いてみようと思う。

健気な花言葉。


 
| おのまのプロフィール | 植物 | 09:09 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:09 | - | - |
「人類の進歩と調和」、、、知っててやっているのでしょうか。不思議な人達です。種の保存のために巻き起こる集団ヒステリーの影響なのでしょうか、、、

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1381364185
| KEN | 2013/10/10 11:47 AM |

http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20131010-OYT9I00223.htm

これを貼ったのですが、画像が変わっていました。すみません。
| KEN | 2013/10/10 9:29 PM |

おお!! そういえば万博会場を舞台に戦闘シーンを広げるSF映画がありましたね。
| おのま | 2013/10/11 1:00 AM |


本格冒険科学映画 20世紀少年
http://www.youtube.com/watch?v=Q_wR9pfh6cs
| おのま | 2013/10/12 4:03 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/4466
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters