木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 空母いずも | main | コンドルは落ちる >>
コメコメ@あいも変わらずオバカな麻生太郎

8月4日のブログにもうひとつコメントを頂いた。

訪問者がめっきり減っているこのブログ、最近はコメント、トラバを頂くことも滅多にないから二人からコメントを頂いたとはちょっとした異変である。人通りのない危険な場所に入ってきた大胆な方というべきか、捕まえて晒し首にする(笑)。


いただいたコメント

麻生太郎の失言ですが、犬が電柱に小便するようなもので迷惑ではあるが、いくら叱っても習性なので必ず間違いなく行う。
 
池田信夫も、まったく同じレベルですね。
 
『ナチスが「みんな納得して」政権をとったと思っているような政治家がナンバー2』と書いているところを見ると、ナチスが民主的な選挙で勝利して政権を握った事実を池田大先生はご存じないらしい。

ドイツに民主的な憲法があったからファシズムが生まれたのです。民主主義の伝統の無いところには専制政治は生まれても、決してファシズムは生まれないとの政治の常識が無いのです。

今回の麻生の馬鹿話ですが人類猫化計画の『麻生氏発言の真意は「ナチスの手口」ではなく、「だれも気づかないで変わった」の部分にある。』日本や憲法にとって、大事なのは大騒ぎしている『ナチス』ではなく、 何故か誰も騒がない、『だれも気づかないで、静ずかに変える』です。

そして、もっと問題だったのは、麻生発言で『日本の国際的な信用が血まみれになる』と懸念した日本のマスコミ各社が報道を自粛したこと。時系列に見ると、挙国一致、大本営発表的な『隠蔽工作』の事実は明らかなのです。 

麻生の東京都内の講演の『ナチの手口を真似る』が7月29日です。 

外国の政府やマスコミによる『日本バッシング』で大騒ぎになったのが翌30日〜31日ですよ。 

日本のマスコミ各社が報じたのが、何と3日後の8月1日ですよ。 

基本的に無茶苦茶なのです。 外国で大騒ぎになったので最早隠し切れない。日本のメディアも、横並びで仕方なく嫌々報じたのです。

 愛国的ではあるが、挙国一致の大政翼賛会の大本営発表である。こちらの方が麻生の阿呆発言よりももっと日本人は大騒ぎするべきですが、不思議なことに誰も一言も騒がない。 これは駄目ですね。ニホン国は滅亡へまっしぐら。無条件降伏での敗戦は目の前です。 

|
宗純 | 2013/08/06 2:29 PM |
 

おのまのコメント

民主主義の伝統の無いところには専制政治は生まれても、決してファシズムは生まれない

これからの日本でよく使われるようになるでしょうから「ファシズム」をおさらいします。

.ぅ織螢語の fascio「団結」が語源

■隠坑隠糠にムッソリーニが結成した「戦闘ファッシ」が先駆者で、ナチスドイツ政権、日中戦争以降の日本政府・大政翼賛会が追随した

B臀葦親亜別閏膽腟繊砲基盤となっている点で過去の独裁国家とは異なる

ち澗亮腟繊排他的、反自由、一党独裁、専制主義、警察国家、国粋主義、軍事主義が特徴

セ愼骸圓紡个垢訐簑个良従を要求し反対者に対する過酷な弾圧が行なわれた


今回の選挙で大勝した自民党の中枢が安倍晋三、麻生太郎、石破茂といった連中であることから判断して、日本の大衆は気がつかないままファシズムに誘導されつつあるとおのまは見ていたのですが、7月29日の麻生太郎のオバカ発言でもってブレーキがかかったのではないでしょうか。後世の歴史家は日本のファシズム化を阻止したとして麻生太郎を称えるかもしれません(笑)。

もっと問題だったのは、麻生発言で『日本の国際的な信用が血まみれになる』と懸念した日本のマスコミ各社が報道を自粛したこと。

大手メディアは一貫して麻生発言を目立たないように努力していますね。これはファシズムを容認することにつながりかねない危険な所業なのですが、そういう危機意識が報道人にないのかもしれません。

あれは麻生のブラックジョークだから騒ぐことないとしたり顔をした橋下徹も案外、自身にファシストの気味があることを自覚していないのかもしれません。

もっと日本人は大騒ぎするべきですが、不思議なことに誰も一言も騒がない

昭和初期の日本と似ていますかね。大手メディアが機能不全に陥っていることはさておくとして、今はネット時代ですから大衆が気づいていないとは思えないのですが。


7月29日のオバカ発言を音声と共に再掲します:

 



僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね

わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。

213

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 00:04 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:04 | - | - |

「犬が電柱に小便をするようなもので、習性なのでいくら叱ってもまたやる」とは言いえて妙、  投稿者の洒落心に座布団一枚!!(と言って論点を外す)。このお言葉、流用することをお許しください。
報道の遅れは朝日といえど、軽減税率を目の前にチラつかせられれば、筆も鈍ろうというもの。 いわんや他紙をや。 そう言えばタロちゃんの外交プロトコル無視の報道もなかったような、、、orz。 不甲斐ない日本、こちらの寿命が尽きるまで、ただ生暖かく見守るしかないのでしょうかねー。

| 偏屈爺 | 2013/08/08 2:33 PM |

犬が・・・

類は友を呼ぶ。品のない表現のコメントがくるのはブログ主に責任があるのでしょうね(笑)。

麻生太郎さんは議員をやめて大学の先生になったら良いのではないでしょうか。さすれば外国の首脳にレクをしてまわっても日本の国益を大きく損なうことはないでしょう。
| おのま | 2013/08/08 9:15 PM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/4416
慈悲の心でファシズムの退治を
今更のようですが私はファシズムという言葉は知っていても、その定義については殆ど知りませんでした。 「木霊の宿る町」の下記記述を見て、ファシズムというものの出来る過程を初めて知ったのでした。 民主...
| Dendrodium | 2013/08/12 4:01 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ