木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ことしの訪問者 | main | 資料・読売新聞社説@オバカな麻生太郎 >>
あいも変わらずオバカな麻生太郎
 

7月29日に麻生太郎は日本もヒトラーナチスにならって国民が気がつかないうちに憲法を変えるのが良いという趣旨の発言をした。

静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。


麻生太郎が言う手口とはヒトラーのナチ勢力が1933年3月に可決させた全権委任法なるものである。それによってワイマール憲法が形骸化し、ドイツ国民のヒトラー崇拝が始まることになるのだからさすがに自民党の改憲派もあわてた。

安倍晋三、麻生太郎、石破茂らがヒトラーと同類の全体主義者であることは極く少数の国民にしかばれていない、大多数の国民は無知蒙昧にして目下のところ世間はアベサマ、アソーサマの躁状態にある、あの頃のドイツと同じ躁状態を保ちながら改憲にこぎつけないといけないのに自らカミングアウトしおった。自民が大勝したとはいえ早すぎる。あのバカなに考えてんだ。

菅義偉官房長官は31日の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相が憲法改正に関連して戦前のドイツ・ナチス政権を引き合いに発言したことについて、「麻生氏が(発言の真意について)答えるべきだ」との考えを示した。2013.7.31 14:37 日経新聞


8月1日、身内からおのれのアホさ加減を叱られた麻生太郎は渋々コメントをだしたのだが、これがまたおよそ男らしくないコメントで聞いて情けなくなる。

私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯について、極めて否定的にとらえていることは、私の発言全体から明らかである。

7月29日の発言をなんど見ても「明らかで」ない。「極めて否定的」なかけらなどどこにもない。


一貫性のない姑息なコメントを出すくらいならむしろ、ヒトラーのやり方の何が悪いと開きなおって欲しかった。沖縄における海兵隊は抑止力だと掌返し(てのひらがえし)をした鳩山由紀夫と変わらないひ弱さ、女々しさが情けない。あんさんがた、キ○○○ついてるんかい。

7月29日、8月1日を消してしまいたい自民党。

でも遅い。

まかりまちがっても自民党の諸君が麻生太郎を次期首相に選ぶことはないだろう。選んだらこんどこそ自民党はなくなる。


麻生太郎副総理が8月1日に発表したコメント。

7月29日の国家基本問題研究所月例研究会における私のナチス政権に関する発言が、私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾である。

私は、憲法改正については、落ち着いて議論することが極めて重要であると考えている。この点を強調する趣旨で、同研究会においては、喧騒(けんそう)にまぎれて十分な国民的理解及び議論のないまま進んでしまった悪(あ)しき例として、ナチス政権下のワイマール憲法に係る経緯をあげたところである。私がナチス及びワイマール憲法に係る経緯について、極めて否定的にとらえていることは、私の発言全体から明らかである。ただし、この例示が、誤解を招く結果となったので、ナチス政権を例示としてあげたことは撤回したい。 http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010051.html?ref=yahoo



7月29日、東京都内でのシンポジウムでの発言

僕は今、(憲法改正案の発議要件の衆参)3分の2(議席)という話がよく出ていますが、ドイツはヒトラーは、民主主義によって、きちんとした議会で多数を握って、ヒトラー出てきたんですよ。ヒトラーはいかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違いますよ。ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから。ドイツ国民はヒトラーを選んだんですよ。間違わないでください。

そして、彼はワイマール憲法という、当時ヨーロッパでもっとも進んだ憲法下にあって、ヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくても、そういうことはありうるということですよ。ここはよくよく頭に入れておかないといけないところであって、私どもは、憲法はきちんと改正すべきだとずっと言い続けていますが、その上で、どう運営していくかは、かかって皆さん方が投票する議員の行動であったり、その人たちがもっている見識であったり、矜持(きょうじ)であったり、そうしたものが最終的に決めていく。

私どもは、周りに置かれている状況は、極めて厳しい状況になっていると認識していますから、それなりに予算で対応しておりますし、事実、若い人の意識は、今回の世論調査でも、20代、30代の方が、極めて前向き。一番足りないのは50代、60代。ここに一番多いけど。ここが一番問題なんです。私らから言ったら。なんとなくいい思いをした世代。バブルの時代でいい思いをした世代が、ところが、今の20代、30代は、バブルでいい思いなんて一つもしていないですから。記憶あるときから就職難。記憶のあるときから不況ですよ。

この人たちの方が、よほどしゃべっていて現実的。50代、60代、一番頼りないと思う。しゃべっていて。おれたちの世代になると、戦前、戦後の不況を知っているから、結構しゃべる。しかし、そうじゃない。

しつこく言いますけど、そういった意味で、憲法改正は静かに、みんなでもう一度考えてください。どこが問題なのか。きちっと、書いて、おれたちは(自民党憲法改正草案を)作ったよ。べちゃべちゃ、べちゃべちゃ、いろんな意見を何十時間もかけて、作り上げた。そういった思いが、我々にある。

そのときに喧々諤々(けんけんがくがく)、やりあった。30人いようと、40人いようと、極めて静かに対応してきた。自民党の部会で怒鳴りあいもなく。『ちょっと待ってください、違うんじゃないですか』と言うと、『そうか』と。偉い人が『ちょっと待て』と。『しかし、君ね』と、偉かったというべきか、元大臣が、30代の若い当選2回ぐらいの若い国会議員に、『そうか、そういう考え方もあるんだな』ということを聞けるところが、自民党のすごいところだなと。何回か参加してそう思いました。

ぜひ、そういう中で作られた。ぜひ、今回の憲法の話も、私どもは狂騒の中、わーっとなったときの中でやってほしくない。

靖国神社の話にしても、静かに参拝すべきなんですよ。騒ぎにするのがおかしいんだって。静かに、お国のために命を投げ出してくれた人に対して、敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かに、きちっとお参りすればいい。

何も、戦争に負けた日だけ行くことはない。いろんな日がある。大祭の日だってある。8月15日だけに限っていくから、また話が込み入る。日露戦争に勝った日でも行けって。といったおかげで、えらい物議をかもしたこともありますが。

僕は4月28日、昭和27年、その日から、今日は日本が独立した日だからと、靖国神社に連れて行かれた。それが、初めて靖国神社に参拝した記憶です。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。

昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。

わーわー騒がないで。本当に、みんないい憲法と、みんな納得して、あの憲法変わっているからね。ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、しかし、私どもは重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。

http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310772.html?ref=com_rnavi_arank

139
183
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 12:25 | comments(1) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:25 | - | - |
お怒りごもっともです。ワル、バカ、ズルが退場してヤレヤレと思っていたら、これです。必ず舌禍事件をおこすと言われて
いたので、驚きもしませんが、彼自身の問題というより、
こういうのを選ぶ側の民度、良識が問われる話ではと
自虐問答にはまってます。お嫌いかも知れませんが、池田信夫が彼のブログで、こう書いています、ご参考までにその部分のコピペ。
「麻生氏は1930年代のドイツの歴史を根本的に勘違いして引き合いに出しているので、何をいっているのかわからない。失言といえば失言だが、単なる与太話で、政治的な意味はない。ただナチスが「みんな納得して」政権をとったと思っているような政治家がナンバー2で財務相になっているのは、政権としていかがなものか。今度の改造で、せめて標準的な知能の持ち主に交替したほうがいいのではないか。

ワイマール憲法の失敗から学ぶべきことは、法律がいかに整っていても、国内の政治情勢がグダグダで誰もその法律を守らないと、政治は機能しないということだ。」
| 偏屈爺 | 2013/08/03 7:23 AM |










http://onomar.jugem.jp/trackback/4410
麻生副総理の暴言に思う
麻生氏の改憲発言、慰安婦問題より大きな波紋 米日で憂慮の声 AUGUST 01, 2013 06:23 「ドイツのナチスのように秘密裏に改憲しよう」と言う趣旨の日本の麻生太郎副首相の妄言に、日本国内外から憂慮の...
| Dendrodium | 2013/08/02 10:02 AM |
簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ(日本?)
2007年4月 24日火曜日、9:50 am ナオミ・ウルフ著、ガーディアン掲載、 2007年4月 24日火曜日 昨年秋、タイで軍事クーデターがあった。クーデター指導者は、まるで買い物リストでももっているかのように、むしろ計画的に、複数の対策を講じた。ある意味で、彼らは「買い
| マスコミに載らない海外記事 | 2013/08/02 12:39 PM |
「橋下辞任? 許さん! パンダがいない動物園に・・客来るかよ? ヤツには、死ぬまでやってもらうよ」 意地張る慎太郎
日本語と言うのは・・とても誤解を招き易い言語です。 岐阜県に・・下呂温泉という、 日本でも有数の名湯がございます。 行かれたことがある人も多いでしょう。 気弱な地上げ屋も子供の頃・・ 家族旅行で行ったこと...
| ラ・ターシュに魅せられて | 2013/08/02 1:07 PM |
麻生副総理、「ナチス」発言を撤回
ナチス礼賛で言ったつもりなどないことはわかるけれども、弁解の余地はなかった。 だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法 ...
| 虎哲徒然日記 | 2013/08/02 7:43 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters