木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー vs みいたん | main | 見る、視る、観る >>
憲法 ヤマト シャラップ閣下 @FB

ただいま当地は七月二十日(土)の夕方七時。日本時間は二十一日(月)午前十一時。参院選の投票が進んでいる最中である。

自民党はアベノミクス自画自賛とねじれ解消の二点でもって選挙民の目をくらませようとしており、まあ、多くの善人たちがひっかかるだろうとオノマは生暖かくみているのだが、生暖かく見ちゃいかんというのが「風の谷のナウシカ」などの作品で世界的に有名なスタジオジブリの宮崎駿。ずばり「改憲もってのほか」という記事を七月十八日(木)に配信した。http://www.ghibli.jp/10info/009354.html

これをFBで紹介したところコメントが寄せられた。寄せられたコメントにオノマが答えるとまたそれにコメントがあるということが繰り返された。FBの双方向性はブログよりスピーディーだが下手すると延々と続きかねない。

さはさりながら、今回の選挙ではこのようなやりとりをしなくてはいけないんですよ、安倍晋三さん。民からの発信を無視したり本当の争点を隠したりでは詐欺総理、山羊総理といわれますよ。

いつの日か、当時はそういうことを考えた日本人はいなかったと言ってのける「識者」がでてくるかもしれないので以下に転載する。

はコメントを寄せられた方 ★はオノマ。


宮崎駿監督 いま声を大に

「改憲もってのほか」

ジブリ冊子熱風が過去最大の反響。

... 憲法を守る為の最大の敵は国民の無関心。

ジブリは本気です。
緊急PDF配信を決定。是非投票前までに一読を!

http://t.co/lC6GTc9PDZ"
もっと見る



宮崎さんの論旨に100%賛同するわけではありませんが、社会的に影響力を持つ集団が声を上げたことを喜びたいと思います。

軍隊は統治者(政府)の命令にしか従わない(当然のことながら、指揮系統上そのように作られているから)ので、統治者は持ちたいし、統治される国民は本来的には持ちたくないのが当たり前なのです。それを嬉々として軍隊を持とうなんて国民は真正マゾヒストか頭おかしいくらいの軍事オタクだと思います。

現代社会では人権を(大っぴらに)制限できるのは公共の利益だけですが、統治者が自分こそ公共の利益の代表者だと宣言するような状況になると、その直接の暴力組織である軍隊はいとも簡単に人権抑圧の
ために働く装置となってしまうのです。それを実体験された人々がたくさんいらっしゃるので、そうそう簡単には改憲派には騙されないと信じています。
村木厚子(現・厚労省事務次官)や佐藤栄佐久(前・福島県知事)に対する収賄事件でっちあげや原発対策の例をひくまでもなく日本の中枢システムは今でさえデタラメな体質があります。大和民族の欠陥が中枢に凝縮しているといえます。 
                                                                 

集団自衛という大義名分を借りて戦争中毒国家である米国と手をたずさえてデタラメな戦争に進もうとする勢力が中枢にあることを知っているから宮崎駿はこういう行動をとっているのでしょう。                                                                                                 

同じ漫画家ですが末端兵士として戦争を体験した水木しげるがどう反応しているのか知りたいです。水木しげるは作品を通して戦争批判をしていますから想像はつきますが。                                                      こういう時代には大和民族の欠陥を見直す意味で会田雄次や中根千枝の作品をいまいちど読むといいかもしれません。

勉強してみます。大和民族の欠陥なんていうと、被虐史観だ、みたいにいう輩が多いですが。


ご参考:終戦直後に戦争調査会というのが出来た時に、当時の総理幣原(喜重郎)さんが私どもに言われたのは、天皇陛下が非常に考えておられる事は、大和民族に何か民族的な欠陥があったんじゃないかと。「証言録 海軍反省会2」(戸高一成編・PHP)P239


 
民族的な欠陥があるのでは、と考えてしまうことは、優等民族という考えに繋がり易いから注意が必要かなと思います。

何れにしろ、先達は色々悩んだのに、今のオピニオンリーダー達はより強力な暴力装置を持つことに迷いがないのがおかしいです。銃は持ったとたん撃ちたくなるし、刃物は切りたくなるのに、理性がそれを止められるかのような無邪気な人達なのですね。

アメリカは国民が銃を持っているので、大統領だって牽制されますが、日本は統治者が独占しているので、やりたい放題になりますよね。


 
大和民族の欠陥のひとつは夜郎自大に陥り易いということではないでしょうか。現実を見もせず自国を礼賛し、それに対して失笑がもれるとシャラップと怒鳴る某大使閣下などは良い例です。http://onomar.jugem.jp/?day=20130610


爆笑!振幅が激しいですね(^^)/

シャラップ、見させていただきました。僕が言うのもなんですが、某大使の英語力はなんなんでしょうか。国防軍云々より、外交官の語学力を上げなきゃ問題になりませんね。あれだったら、勘違いで一発撃ってしまうこともありますね。


あの閣下は大和民族本来の姿を具現しているのではありませんか?(笑)

171
135

 



★7月21日 午前3時41分追加 

安倍晋三さん、さいごになってから私は選挙運動中に改憲のことも言ってましたよというアリバイつくりをするなんて姑息じゃないですか? そういうことをするから日本の宰相として風格が今ひとつなんだよねえ・・となるのです。

首相、最終の演説で改憲訴え 「誇りある国へ」

2013年7月20日 21時57分 東京新聞

 参院選の最後の訴えで聴衆にアピールする安倍首相=20日夜、東京・秋葉原

写真

 安倍晋三首相(自民党総裁)は20日夜に東京・秋葉原で行った参院選の最終演説で、これまでほとんど言及していなかった憲法改正への意欲を表明した。「誇りある国をつくるためにも憲法を変えていこう。皆さん、私たちはやります」と訴えた。

 首相は6日の大阪、京都両市での街頭演説で「憲法改正に挑んでいく」などと述べたが、公示後の街頭演説を通じて異例の言及となった。争点を経済に絞るために改憲の持論を封印していたが、秋葉原に保守層の若者が集まったと判断して決意を示したとみられる。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013072001001659.html

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 10:55 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:55 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4404
矢でも鉄砲でも持ってこい!我が国に行く末なんかもうしらん。
大体予想はしていたがここまで現実を見せつけられるとやはり日本沈没は近いと言わざるを得ない。多くの国民は失望の底に沈み、それでもニヒリズムの淵に沈みながら棄権するか共産 ...
| 黄泉の国から | 2013/07/22 2:31 PM |
与党自民党、参院選で勝利
wsws.org Peter Symonds 2013年7月22日 与党の自由民主党は、昨日行われた選挙で、参議院の過半数を確保した。安倍晋三首相は、これから、彼の右翼的軍国主義の狙いと、緊縮策を強行通過させるのに、衆参両院の支配を駆使するだろう。 WSWSは皆様のご支援を必要としてい
| マスコミに載らない海外記事 | 2013/07/23 12:18 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters