木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記 ペットロス症候群の症状 | main | 資料 TPP日米合意 >>
レベル2をめざして・・・あまり関係ないが・・・

いちど休むと癖になるブログ更新

以下は斧魔は死んでないよという証拠として更新 


四月十二日(金) 雷鳥山

朝九時にはガリガリだったゲレンデが十時頃から降りだした雪のせいですばらしく滑り易くなった。今季は八十日滑ってきたがトップ10に入る雪質

それなのに現れた仲間は二人だけ。もったいない

http://www.youtube.com/watch?v=B57jlyR2uUs

http://www.youtube.com/watch?v=HW62t6GDrL8



犬も歩けば棒にあたる。このあとCTVテレビからインタビューを受けた

http://www.youtube.com/watch?v=FnXqQajkMCQ

夕方六時に放映された由だがその頃オノマは録画しておいたマスターズゴルフ二日目を見ていた。石川遼選手は最下位で予選を通過した。トップとの差は十打だから優勝する可能性がないわけではない


TPPで米国と合意したというニュース。安倍首相は胸を張っているが、斧魔の目には予想したとおり良いようにやられていると映る

2013.4.13 01:16
MSN産経

 環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加と引き換えに、乗用車やトラックにかける関税の最大限の維持などの妥協を迫られ、関税の完全撤廃を求めてきた自動車業界からは落胆の声が漏れた。

 日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は12日、「国益の一層の増進の観点からTPP交渉に臨むことを期待したいが、関税撤廃時期については残念」とコメントした。

 自工会などによると、TPP参加国(非関税のシンガポール除く)への自動車分野の関税支払額は年間約2千億円。米国だけで約800億円にのぼるという。今回の合意を受け、米国以外でも関税が残る可能性が高いという。

 ある自工会幹部は、雇用や貿易収支の改善に自動車産業が貢献していることを引き合いに「円高下で苦しみながらも国内生産を維持してきた自動車産業は報われないのか」と話す。

 一方、TPP交渉参加に関連し、麻生太郎金融担当相がかんぽ生命保険によるがん保険などの新商品販売を数年間は認めない意向を示したのを受けて、かんぽ生命では「がん保険に参入する見通しが全く立たなくなった」などと戸惑いの声が上がった。

 日本市場で米国系の保険会社が大きなシェアを持つがん保険の具体的な検討を、かんぽ生命は凍結しているが、将来的には参入に踏み切りたい考えだった。

 かんぽ生命は政府に申請中の新学資保険でも、金融庁に保険金支払い態勢の不備を指摘され、ことし4月の発売を断念した経緯がある。

171
154
152

| おのまのプロフィール | スキー | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:29 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4339
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters