木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 宇沢弘文健在 属国日本 | main | 中国の軍艦による攻撃用レーダー照射は日本政府による捏造? >>
L2をめざして でなおし

ただいまは二月七日(木)。 



二月一日(金)の夕方に滑ってからあと山は雲に覆われっぱなし、視界不良が続いた。フリージングレベルが二千メートルほどまであがった日もあり、そうなるとこの辺の山は千メートルほどだから雨となる。


十二月、一月に開かれる宴会には原則として出ないようにしているのだがそれでも一月は飲み会に四回参加した。最後は一月三十日だったのだがそれからの体調がよくない。

二月一日に滑ったその晩から急に体が熱くなり、そうかと思うと逆に寒気が襲ってきたりした。体から力感がなくなり食欲がなくなった。

アルコールを飲みたいという気分はゼロを通り越してマイナス。アルコールを飲まない六日間は山の悪天候と重なった。スキーのことを頭から追い出し、ひたすら養生に努めた。


六日のあいだ飲まず、滑らずで迎えた今朝は自分が生まれ変わっているという感じがあった。

失われていた力感が戻り、追い出したスキーへの思いが頭のなかに戻っていた。

こういうのを充ちるというのだろう。ふたたび充電されたという感覚は初めての経験である。

しかし・・・・

家にひきこもりっぱなし、運動ゼロ、筋肉退化・・・・


朝から視界不良だった山上からのレポートが正午になって視界無限と変わった。果たして滑れるだろうかと思いつつ山に上った。



からりと晴れきらない景色が美しい。

人生もそうかもしれない。

順風満帆(じゅんぷうまんぱん)、シアワセいっぱいユメいっぱい明るい人生より、不幸と絶望で陰影のある人生。

不幸感、絶望感は永遠に続かないほうが良いのだが不幸感が癖になっている人がたくさんいる。どうすればよいか。

今の状態が永遠に続いても構わないと腹をくくる。
明日のことを思いわずらわないで、きょう一日を生きることに集中する。
部屋の中をかたづける。机のひきだし、財布の中でもいい。

ちなみにおのまは財布をもたないようにしている。名刺大のカード入れだけである。ケータイも腕時計も数年前から使っていない。



午前中に積もった新雪がそのまま柔らかいままのところと踏み固められてつるつるに固まっているところとが入り混じっていた。おっかなびっくりで滑ったり、転倒する人がたくさんいた。






板にきちんと乗っているかどうかを確かめながら滑る。雪面からの圧をうけとめる足裏の感覚がやや頼りない。

速度をだしリズムに乗って小回りで滑る。リズムに乗れるが板がシュテム気味になっているような感じがする。

緩斜面を直滑降で滑る。やはりシュテム気味になるような感じがする。

十二時四十五分〜三時まで、二時間強滑ってあがる。あしたから出直し。


雪量が増えると現れるのが雪だるま。



何枚か撮った中にスタッフが入っているのがあった。



雪だるまを拡大。



良い作品だ。


家に戻ってビールを飲んだが旨いと思わなかった。

まだ体調が戻っていないのか、それともアルコールを好まない体に変わったのか・・・


167




| おのまのプロフィール | スキー | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:07 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4291
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters