木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 2013年元旦 | main | 人が住まない家は傷みが早い >>
ステファニー・チェイス&サラ・デービス・ビュクナー

阪神タイガースの名誉会員だったか名誉ファンだったか、なにか名誉がつく称号を阪神の社長から貰っていることからして異色といえると思うのだが、サラ・デービス・ビュクナーは異色のピアニストである。詳細省略。

3.11が起きたあといの一番でチャリティーコンサートを企画したバンクーバーの音楽家はサラである。

サラがひとり最低百ドルのチャリティにしようとしていると聞いておのまは賛成だったのだがどこかから横槍がはいり五十ドルになったのは惜しかった。三百人のコンサートで集まったのは二万ドル弱。百ドルにしておけば最低でも三万ドルになったのに。百年に一度という大災害なのだから五千円をケチってはいけない。


異色のピアニスト・サラはBC大学の教授でもある。

サラが世界一のバイオリニストと評価しているステファニー・チェイスをBC大学のバイオリン科に招聘しようと試みて二人のリサイタルがBC大学のホールで開かれたのはチャリティーコンサートのすぐあとのことだった。数名の審査員と一緒に聴いた朝のリサイタルは貴重な体験だった。サラがおのまになんでオマエがここにいるんだと目をむいたのが面白かった。

チェイスがきたらバンクーバーの音楽界は一段と豊かになるだろうと期待したのだが実現しなかった。

なんちゃらかんちゃら云いおって大学の石頭たちは話にならんと慨嘆するサラに会ったのははていつだったろうか。去年の三月にみいたんがサラのスタインウェイを使って加代先生からレッスンを受けた時よりは前だからおととしだろうか。だとすると一年以上ご無沙汰していることになる。


きのうの元旦、チェイスとサラが去年の十一月にニューヨークのヤマハホールで開いたリサイタルをFBでみつけた。

ユーモアと皮肉がこめられたキャプションはチエイスの語りになっているがサラのアイディアが沢山入っているにちがいないとにらんだ。機会があったら尋問してみよう。サラは答えないだろうがなあにボディランゲッジですぐ分かる。

キャプションのなかにでてくる erudite とは「博学な」「薀蓄(うんちく)を傾けた」という意味である。



ふたりのベートーベンシリーズ最後はクロイツェル。






円弱・・・

む?・・・

つばめ、すずめ・・・転換・・・・ 

燕雀いずくんぞ広告の・・・

む?・・・

こうのいけ・・・

鴻池

濃く、刻、国・・・・鵠・・あった・・・

燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん (ツバメやスズメのような小さな鳥にはオオトリやクグイのような大きな鳥の志すところは理解できない) とつぶやきながら生きてきたんだろうなサラは。


Event

Stephanie Chase and Sara Davis Buechner Play Beethoven
STEPHANIE CHASE AND SARA DAVIS BUECHNER PLAY BEETHOVEN

The Ten Sonatas for Violin and Piano in Three Concerts.

Sara Davis Buechner and Stephanie Chase are a critically-acclaimed duo whose 2011 recital in New York was "One of the Top Twenty Concerts to Hear this Fall" (WQXR) and a "Critics' Choice" (Musical America). Their recording of music by Rudolf Friml (Koch, 2005) has received rave reviews, and their complete Beethoven cycle is scheduled for recording in 2013.

Composed between 1797 and 1812, the ten Sonatas for Piano and Violin are a musical landscape of Beethoven's art, from the strict Classicism of his first Sonata (Opus 12, No.1) through the expressive dynamism of Romanticism (as Beethoven struggled with his own health problems, including deafness) to the majestic serenity of the final Sonata in G Major, Opus 96.

Don't miss this extraordinary series as Chase and Buechner explore Beethoven's genius - his musical innovations, passions, lyricism, humor, and instrumental challenges - in performances uniting compelling musical personalities with scholarship and virtuoso's techniques. They also provide thoughtfully-written program notes that enhance the audience's experience.

PROGRAM I - November 26, 2012

Sonata no. 5 in F major ("Spring"), op. 24 (1801)
Sonata no. 10 in G major, op. 96 (1812)
Sonata no. 7 in C minor, op. 30 no. 2 (1802)

PROGRAM II - November 27, 2012

Sonata no. 2 in A major, op. 12 no. 2 (1798)
Sonata no. 3 in E flat major, op. 12 no. 3 (1798)
Sonata no. 6 in A major, op. 30 no. 1 (1802)
Sonata no. 8 in G major, op. 30 no. 3 (1802)

PROGRAM III - November 28, 2012

Sonata no. 1 in D major, op. 12 no. 1 (1798)
Sonata no. 4 in A minor, op. 23 (1801)
Sonata no. 9 in A major ("Kreutzer-Sonate"), op. 47 (1803)

CRITICAL ACCLAIM
"The soloist was the superb violinist Stephanie Chase, who played with elegance, dexterity, rhythmic vitality and great imagination. This was a Classical performance in the best sense: clear-headed, straightforward, intelligent" (Boston Globe)
Stephanie Chase's recording of Beethoven's Violin Concerto is one of "the twenty most outstanding performances in the work's recorded history" - Robin Stowell, Beethoven: Violin Concerto (Cambridge Music Handbooks, Cambridge University Press, 1998)

"What strikes you immediately about the pianist Sara Davis Buechner is the honesty and integrity of her playing" (Washington Post)
"There is no struggle in Ms. Buechner's supple, articulate and nuanced performances... I can't imagine this music played with more integrity and affection"
(Anthony Tommasini, New York Times)

This special event is presented by the Music of the Spheres Society and Yamaha Artist Services. Sara Davis Buechner plays the Yamaha piano exclusively.



174


| おのまのプロフィール | 音楽・美術・映画 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:22 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4265
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters