木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< L2をめざして・転倒 | main | 自民党に勝たせていいのだろうか・・・・ >>
L2をめざして・木の葉おとし
ただいまは十二月八日(土) 朝十時。

雷鳥山のレポをみると晴、気温零下五度だというから絶好のスキー日和であるのだが土日は混むから行かないことにする。それよりなにより今朝おきると右の小指の付け根が腫れ、右腰が痛くなっていた。右腕をまっすぐ上げると右肩も痛い。ハイルヒットラーのあたりから痛みが生じ、天皇陛下バンザイまでくるとそこから腕をガクンと落としたくなる。

数年前に滑っていないのに板がくるりと回り転倒した。カービングスキーはそういういたづらをすることがある。その場で転んだのだから大した衝撃ではない筈だが、翌日から左肩が痛くなり、いまだに肩をまわすと軽い痛みがある。肩のまわりの可動域が狭いと感じる。その左肩よりも右肩のほうが不自由になってしまった。

あれこれ考えているうちに昨日の最初の二本を思い出した。あのときは木の葉おとしを繰り返していた。木の葉がひらひらと落ちるような感じで滑るのだ。

スタートで両スキーを揃える
直滑降ですべり速度をつける 
ターンしたらそのまま山のほうへ滑っていく
山の方へ上るから自然に停まる
そのままの姿勢で後ろ向きに滑っていく
後ろ向きのまま山の方へ滑る
山の方へ上るから自然に停まる
前向きに滑る

下図のが前向き、が後ろ向きの滑りである。



三月にインストラクターの講習を受けたときに、初心者を指導するには後ろ向きで滑るのが有効であることを知った。後ろ向きに滑りながら生徒の滑りを見ることができる。

それまで後ろ向きに滑ったことなどなかったので、北海道出身の長井せりさんに後ろ滑りができるかと訊いたら、小さい頃はよくそうやって遊んだものだといわれた。

そうだよな、子供は色々なことを試すものなのだ。そういうことをやっているうちに楽な滑りが身につくのだ。

生徒を教えるための方便でもあり、みずからの技量向上にも役立つ木の葉おとし。肩の痛みを感じながら今シーズンはしばらくのあいだはこれに専念しようと決意した。

284
| おのまのプロフィール | スキー | 18:26 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:26 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/12/09 12:36 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters