木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゴム手袋 | main | 石原慎太郎@自由報道協会主催記者会見 >>
記者クラブの老人記者たちはみにくい

ただいまは十二月一日。

十一月三十日、記者クラブ主催の党首討論会をNHKテレビでみたが、記者クラブの老人記者たちによる質問のお粗末ぶりには驚いた。

質問が冗長で要領をえない。質問というよりはおのれの歪んだ独善を誇示する卑劣なイチャモンというのが当たっている。おのまが壇上にいたら、バカヤローとつぶやくとか、ウルセーとコップの水を記者たちにぶっ掛けるとかしたかもしれない。かつての吉田茂や佐藤栄作の気持ちがよ〜く分かった。




あの老記者たちの冗漫な発言を英語に直してみろといわれたら簡単ではないし、又それを当地のテレビで流したらブーイングをくらう。ひとつきほど前まで繰り広げられていた米国大統領選での討論会の司会者たちにくらべると次元が違いすぎる。

老記者たちのみにくい精神構造はまちがいなく日本を悪くしている。フェアプレイの精神を欠いた報道人は社会に害をもたらすしかないのだ。報道の自由を否定するつもりはさらさらないが、彼らをもって日本を代表する報道人であるとしてはいけない。

下劣すぎるので書くまいと決めていたのだが、下劣な風景の一部を書いているブログがあったのでつい書いてしまった。以下にそのブログを貼る。

ついでであるが、壇上の党首たちのなかで石原慎太郎が一番お粗末であった。話が冗漫で独善で無礼であった。米国でもって戦争犯罪人とされているチェイニーに声をかけられたことを得意げに話すなどはそうとうに脳機能がいかれていると見た。彼を日本の総理にしたいという人が本当にいるのだろうか。


孫崎 享@magosaki_ukeru

「 党首討論で石原氏、ウォルフォビッツもチェイニー(?)も「石原さん」と言ってくれてたよと発言。尖閣行動をまず米ヘリテージ財団で発表。完全に米国の対中包囲網用「トロイの木馬」役。自民含め、日本の右翼が狙われている。


2012年12月01日(土)

日本記者クラブの品格とは?

昨日、日本記者クラブで開かれた党首討論会の第2部は、共同記者会見の場となった。

思考の監獄から脱走できない記者クラブメディアの“牢名主”のようなベテラン記者の質問に、各党党首が答える盛大なイベントである。

読売の橋本五郎、朝日の星浩といえば、昨年8月の民主党代表選で小沢の支持を受けて立候補した海江田万里を以下のように責めたてた小沢バッシングの急先鋒だ。

「党員資格停止中の方が大きな影響力を持っている。異様な光景だ。どう考えているのか」(橋本)

「小沢さんは秘書三人が逮捕起訴され公判中で、本人は強制起訴された。いまだに国会での説明はない。どうお考えか」(星)

いまや小沢一郎は無罪が確定し、検事の捏造捜査報告に誘導された強制起訴の不当性が問題になっている。もともと無理筋捜査であることを承知のうえで小沢政界追放の論陣を張ってきたのが彼らだが、いまだに反省の色はない。

30日の党首討論会における橋本は、「品格ある質疑にしたい」と挨拶しながら、日本未来の党、嘉田由紀子代表に次のような偏見に満ちた質問をぶつけた。

「卒原発を唱えているが、それ以外の政策はどうも、原発依存ならぬ小沢依存ではないか。小沢さんが役職に就けないのならますます影でという話になる。小沢問題をどういう消化のしかたをしてるんですか」

小沢問題とは何か。嘉田代表の背後で小沢が悪だくみでもするといいたいのだろうか。

嘉田が「なぜみなさん、小沢さんをそう怖がるのか」と語り始めるや、嘲笑とともに“牢名主”たちが声を上げて反応した。

「怖がってません、嫌がってるんです」

つい本音が出たのだろう。「嫌がっている」。事実よりも気分本位で記事を書いてきた証しだ。「嫌悪」の心理の底に「怖れ」があるのに気づいていないのも、おめでたいほどの単眼思考だ。

嘉田は彼らの心理を見透かしたように「嫌がっている」と、言いかえたあと、再びおだやかな口調で続けた。

「小沢さんの力を利用した方々が怖がっているのではないでしょうか。国民が求める政治を実現するために小沢さんの力を使いたい。小沢さんを使いこなせずに官僚を使いこなすことはできません」

しなやかで果敢な切り返しといえよう。

嘉田は前日のネット党首討論会でも「これまで、小沢さんを利用した人は、自分のために利用したかも知れません。私は小沢さんの力を、日本の政策実現、未来のために使わせていただきます」と語っている。

「小沢を利用した人が怖がっている」。この言葉には深い意味を感じる。

どれだけの政治家が小沢の世話になり、薫陶を受けながら、自らの立場やポストを守るため、そのもとを去って行ったことか。マスメディアは、この20数年間、小沢を悪者に仕立て上げ、どれほど世間をあおって商売に利用してきたことか。

日本記者クラブが真に「品格ある質疑」を望むなら、好き嫌いの牢獄から脱し、事実本位の人間観、社会観、政治観を持つジャーナリストを育成することに力を注ぐ必要がある。


新 恭  (ツイッターアカウント:aratakyo)

http://ameblo.jp/aratakyo/day-20121201.html

253

| おのまのプロフィール | 政治経済 | 04:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:17 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4228
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters