木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< TB 沖縄戦を生き抜いた子どもたち・・・かんからさんしん | main | 臨時停車 6 >>
ゲンキー記 メインクーン12

ただいまは十一月二十日、またブログの更新が遅れてきました。

ひさしぶりにメインクーンの特徴とゲンキーの突合せシリーズ#12です。

このブログ、じつは十月二十二日に書き始めたのですが、どうまとめていいのか分からなくなり、なにかヒントになる写真がなかろうかと探したのですがみつからず今日に至りました。

ゲンキーを良く観察していなかったのだと反省しています。






ゲンキーが尻尾を立てて歩いているときは強い意思の塊だったなと思いました。だれしも人生山あり谷ありで落ち込む時があるものですが、そういうときこそはゲンキーのように胸を張り目を見開き前進するイメージを持ったら良いのではないでしょうか。

前回:http://onomar.jugem.jp/?day=20121014

極めて賢く、器用で、遊び好きな猫種である。

う〜ん、極めつきだったのですか。

我が家に来た日から好奇心が旺盛でしたし、人をからかうように上手に隠れたり、自分で工夫して遊んでいました。



十月二十二日に書いたのはここまでです。

ゲンキーは賢い猫だと思って書き出したのですが、はて賢い猫とはどういうことなのかと考えてしまいました。

goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/

かしこ・い【賢い/畏い/恐い】

 

(賢い)頭の働きが鋭く、知能にすぐれている。利口だ。賢明だ。「―・くて聞き分けのいい子供」


(賢い)抜け目がない。要領がいい。「あまり―・いやり方とはいえない」「もっと―・く立ち回れよ」

恐れ多く、もったいない。
「おことばはまことに―・くて、なんとお答えいたしていいか、とみにことばもいでませぬ」〈賢治・北守将軍と三人兄弟の医者〉

神や自然などの超越的なものに対して、畏怖の念を覚えるさま。恐ろしい。恐るべきだ。
「わたつみの―・き道を安けくもなく悩み来て」〈・三六九四〉

尊い。ありがたい。
「―・き御蔭をば頼みきこえながら」〈・桐壺〉

すばらしい。結構だ。りっぱだ。
「おのが―・きよしなど」〈・三〉

都合がよい。運がいい。幸いだ。
「―・く京の程は雨も降らざりしぞかし」〈大鏡・道長下〉

(連用形を用いて副詞的に)程度のはなはだしいさま。非常に。盛大に。
「いと―・く遊ぶ」〈竹取


賢い猫とは 1 の意味で言っているのでしょうが、ゲンキーが頭の働きが鋭かったか知能にすぐれていたかどうかと考えるとやはり分からなくなってきます。

猫とサル・人間とではそれぞれの関心の対象が大いに違うようだから何をもって賢さ、知能の水準を判断していいか分からない、おのまの近くにいた猫は次女が飼っていた猫を除くとゲンキーだけであるが両者をよく観察したわけでもない・・・・

そういう本源的なところを良く考えないといけないのですが、今は無理なのでとりあえずのところゲンキーは極めて賢く、器用で、遊び好きな猫だったということにしておきましょう。


初めてみた氷を観察、研究するゲンキー@生まれて半年:











291
| おのまのプロフィール | 猫ゲンキー  | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:25 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4174
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters