木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 諏訪根自子 | main | 暖炉に火をいれた >>
野球は二死から

ただいまは十月十三日(土)。

野球は滅多にみないが、ここ数日はポストシーズンの地区シリーズ戦をテレビで観戦している。

昨日は ニューヨーク・ヤンキース vs ボルティモア・オリオールズ 、 ワシントン・ナショナルズ vs セントルイス・カーディナルス を続けてみた。 両試合とも二勝二敗で迎えた最終戦である。


イチローやベテランのイバネスの活躍でもってヤンキースがアメリカン・リーグの決勝戦に駒を進めたのは今朝のNHKニュースでも報道していた。

カーディナルスがナショナル・リーグの決勝に進んだ試合をNHKが報道しなかったのは日本人選手がいないせいだと思うのだが、ワシンン・ナショナルズにはカート鈴木という日系アメリカ人の捕手がいて、最終戦での活躍(四打数・三安打)はイチロー鈴木(三打数・一安打)を上回っていた。


ナショナルズ vs カーディナルスの試合はとても面白かった。

三回裏を終わった時点で 6−0 と大差をつけられたカーディナルスがそのごコツコツと差を縮めていき、八回表で一点差に詰め寄った。しかし八回裏にナショナルズが追加点をとり7−5と二点差となったところで勝負あったという感じになった。

九回表、二点差をつけら
れたまま二死となり、あと一球でナショナルズが勝利するという場面になったのだが、なんとカーディナルスはそこから四点を取り逆に二点差をつけた。

浮き足立ったナショ
ナルズは九回裏無得点でオワ。

 




「野球は二死から」の通りであった。

最後まであきらめない人たちをみると元気になる。



カート鈴木



試合
http://sports.yahoo.com/mlb/boxscore?gid=321012120
| おのまのプロフィール | スポーツ | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:41 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4163
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters