木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記 メインクーン9 | main | 野球は二死から >>
諏訪根自子
ただいまは十月十一日。


諏訪根自子(バイオリニスト)が今年の春に亡くなっていたことが先月わかったというニュースをほんじつ知った。

ウィキ:
諏訪 根自子
(すわ ねじこ、
1920年大正9年)1月23日 - 2012年3月6日)は、日本女性ヴァイオリニスト。本名:大賀 根自子[2]東京府出身

2012年9月24日、同年3月6日に
脳梗塞後遺症のため死去していたことがわかった


ウィキ:
戦後は日本で
井口基成安川加寿子らとコンサートを開くが、60年以後、演奏の第一線から引退する。その後の消息はほとんど聞かれず、伝説中の人物となっていた。病身の夫の介護などで忙殺されていたとされるが、1978年1980年録音のバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」がキングレコードより発売された。1990年代になって、ごく少ない機会ながら私的なサロン・コンサートで演奏する様になり、1994年録音の幾つかがCD化されて、変らず気品と迫力のある演奏が話題になった。

おのまが諏訪の演奏を聴くチャンスは一度もなかった。ユーチューブで聴く事はできる。


FBの知人が諏訪に関する興味深い記事を紹介していた。

その記事から写真をコピペ:



ナチの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスからストラディバリウスを贈呈される諏訪根自子@1943.2.22

http://www.nytimes.com/2012/09/23/arts/music/nejiko-suwa-and-joseph-goebbelss-gift.html?ref=arts&_r=0



| おのまのプロフィール | 音楽・美術・映画 | 05:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:35 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4162
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters