木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 田中真紀子 | main | テレビ討論でロムニーはオバマに勝ったのだろうか? >>
ゲンキー記 メインクーン8

ただいまは十月六日。ブログの遅れがようやく一週間をきりました。

おのま思うに、ブログがどんどん遅れていったのはゲンキーが不調になった頃からだったような気がします。それ以前に、原発事故などをはじめとする日本の不調にシンクロして心身が疲れていったという要因もあると思います。

ゲンキーへの執着は少しずつ薄れてきたかもしれません。三日ほどまえにみた夢では、ゲンキが帰ってきたよ〜という声がしたのでみると灰色っぽい毛の猫がノソノソ歩いていました。

長い旅のあいだに苦労して毛の色が変わったのだろうか。

近くに寄って顔をみると硬そうな短い毛で覆われていて、おまけに犬のような団子鼻でした。なんだやっぱり夢だと思いすぐに目が覚めました。ゲンキーの毛は柔らかく長い白黒、鼻は小さくてピンク色です。

あるとき鼻がとても可愛く見えたのでペロッとなめたことがあります。ちょっとしょっぱかったです。




2011・2・13撮影。喧嘩の傷らしきものが写っています。


さてメインクーンの特徴とゲンキーとの突合せシリーズ#8です。

前回:
http://onomar.jugem.jp/?day=20120926

目の色も極めてバラエティに富んでいる。あらゆるパターンで、グリーン、グリーンゴールド、または、ゴールドという目の色がある。被毛が白のメインクーンの場合、両目がブルー、または、片目がブルーでもう一つの目がゴールドというものもいる。

目の色については以前に書いたことがあるのでそのまま再掲します。


猫の虹彩の色は四種類ある
そうです



↑下から二番目、瞳孔が白いのはフラッシュのせい。原画は黒い

これでいくとゲンキーは金目



昨日の日記をみるとルシファもフィガロも金目

                
目の色とは虹彩(こうさい)の色。瞳孔(どうこう)の色ではない

でも猫の場合はころころ変わる瞳孔の色を指しているのではないでしょうか




赤(左目)





http://onomar.jugem.jp/?day=20081025


ということで虹彩でいうとゲンキーはゴールドでした。

銀、赤、青、黒などその時々の状況で変わる瞳孔は相撲力士のマワシみたいですね。


上に再掲したブログに「昨日の日記をみるとルシファもフィガロも金目」とあるのでみたところ子猫時代のゲンキーが載っていました。
http://onomar.jugem.jp/?day=20081024



これでみるとゲンキーの目はグリーンっぽく見えます。ゴールドよりグリーンゴールドなのかもしれません。

| おのまのプロフィール | 猫ゲンキー  | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:23 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4154
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ