木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< ゲンキー記 異変 | main | ゲンキー記 終幕か >>
コメコメ@七月二十四日コメコメ

七月二十四日のブログにいただいたコメント:

 
北海道には「生活第一」の議員がいないのです。大地、真民主が兄弟政党みたいなものでしょうか。あの宗男と一郎が旧社会党のような政策を力説する時代なのですから奇妙な感じがします。しかし、脱原発、TPP反対、消費税反対だと選択肢が他にないのです。維新、みんなは言わずもがなです。宗男の演説はよかったし、北海道のことを熟知している。くわえて外交もさすがと思える見識があるように思います。小泉にはめられなければ北方4島のうち少なくとも2島は目の前でした。まぁ、日本とロシアの間にくさびを打つのがアメぽちの役目だったのでしょうね。もったいなかった。

しばらく当地で暮らす以上、どこかに入れなくてはなりません。希望を託せる選択肢、選考中です。
| ドクトル硝子 | 2012/07/30 9:10 PM |
http://onomar.jugem.jp/?day=20120724


おっしゃる通りです。

はしょります。

鈴木宗男や佐藤栄佐久は実のある仕事をしていましたが、実のある仕事をする能力が無い連中にとっては煙たい存在であり、したがって彼らの卑劣ないじめに遭いました。このブログのRECOMMENDに貼ってある「普天間交渉秘録」の著者、守屋武昌もいじめ犠牲者のひとりであると思います。

はしょります。

実のある仕事をする、しないは、その人に自立自尊の精神がある、ないできまります。

ベルリンの壁が落ちたあとも米国べったりの姿勢でいる日本、ブッシュ戦争を支持したことの総括をしないままの日本では自立自尊の精神が劣化を続けるしかないのです。つまらないところで勝負する人は増えても、肝心なところでは思考できず、行動できないからいけません。

北海道でなにが起きるか、沖縄でなにが起きるか注目しています。

「アラブの春」ではありませんが、劣化した官僚、政治家を放逐する「北海道の春」「沖縄の春」という現象が起きるのだろうと期待しています。

174
| おのまのプロフィール | 政治経済 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:20 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4084
「オタクどこ? 文春? 記事にする気? どうなっても知らないよ。 こっちは、フリーメーソンだからね・・」 野田佳彦後援会会長
まったく・・暑い日が続いております。 アメリカやインドでは、大干ばつで大きな被害が出てますし・・ その国土のほぼ全土を・・ 氷で覆われてるグリーンランド。 例年ですと、毎年夏には氷床表面の半分が解けるそう...
| ラ・ターシュに魅せられて | 2012/08/02 5:28 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters