木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< とりあえず更新 | main | 産経新聞は路線変更するか? >>
全英オープンゴルフ エルス優勝


只今は七月二十二日(日)です。ブログ更新が大幅に遅れています。


当地時間のほんじつ昼すぎにことしの全英オープンゴルフが終わったのですが、最終日、首位と六打差があったアーニー・エルス(南アフリカ)が逆転優勝しました。

エルス、1969年10月生まれ、四十二歳。

二十代(1994全米オープン)、三十代(1997年全米オープン、2002年全英オープン)、そしてこんかいは四十代でメジャー優勝したわけですが、ゴルフ界においては四十過ぎて勝つのは稀なことです。彼の優勝を予想したヒトはまずいなかったでしょう。おのまはエルスに勝って欲しいと念をおくっていましたから嬉しいことこのうえなしです。


1997年の夏、おのまはトロントのゴルフ仲間たちと誰が全米オープンに勝つかの賭けをしました。どういうわけかおのまはエルスが勝つという予感があって儲けました。なんなのでしょうね、ああいう予感の正体って。

あの頃同じクラブのメンバーだった日本人の仲間三人はみんな脱会し、ひとりはゴルフをしなくなり、もうひとりは三年前になくなっています。


こんかい全英オープンの舞台になったロイヤルリザムと同様、デビルスペイントブラッシはリンクスコースでおのまが一番好きなコースです。二年前にトロントに行ったときには残ったひとりを入れて回りました。もうひとりはおのまが社長だったときの外部取締役ですがいまでも取締役をやっています。



バンカーが多く、フェヤウェイを外すと膝の高さほどのフェスキューが生えているので大たたきをすることもありますが、おのまの生涯ベストスコアはここで出ています。生涯ベストといっても80、たいしたことない。


ペイントブラッシを回ったあと、亡くなった仲間の墓前にゴルフボールを置いてきたことを二年前のブログで書こうと思っていてそのままになっています。遅ればせながら写真を載せます。






さきほどこのブログを書き始めたときは、エルスが優勝挨拶の中でネルソン・マンデラの話をしたことを書くつもりでしたがやめにします。

日本の♂って、政治も外交もゴルフもみんな弱いねえ。

おのまが現役だった頃は強かった経済も弱くなった。

原因は分かっているのにみんな分らないフリをしているのだろうか。

221

ロイヤルリザム
http://www.royallytham.org/

デビルス
http://devilspulpit.com/


きょうのブログは東芝サテライトではなく古いPCで更新。

| おのまのプロフィール | スポーツ | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:03 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4073
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters