木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料 原発事故141 耐震性・現場レポ | main | ワンツーフィニッシュ >>
資料 原発事故142 トーラス

前回のブログにでてきたトーラスに関する資料です。

トーラス=torus=円環体・ドーナッツ状の構造物

フクイチ原発では以下の部分で、地下に位置しています。






六月二十六日に撮られたトーラス室の動画が東電のサイトにでています。

みてもなにがなんだか分からないかもしれませんが(笑)関心のあるかたはどうぞ。

http://photo.tepco.co.jp/date/2012/201206-j/120627_01j.html


一号機のトーラス室では一時間いれば死ぬという高い放射能が検出されたそうで、その結果、前回のブログで紹介したように、現場のハッピーさんは トーラスに入る事が出来るのは10年以上先になりそうな感じでし。ロボット開発が進まないともっと先になるでし とつぶやいています。

京都大学の小出裕章さんになるともっと悲観的です。六月二十八日、毎日放送で放送された話を紹介します。

千葉「京都大学原子炉実験所助教の、小出裕章さんです。小出さん、きょうもどうぞよろしくお願いします」

小出「よろしくお願いします」

千葉「え、きょうは毎日新聞論説委員の近藤伸二さんと一緒にお話を伺います」

近藤「はい。今晩は。よろしくお願いします」

小出「はい、近藤さん。今晩はよろしくお願いします」

千葉「…では早速なんですが。まず、東京電力が昨日、福島第一原発1号機の原子炉建屋地下の、放射線量が、毎時最大10.3シーベルトだったと発表しました。」

1号機 毎時10シーベルト 2・3号機より大幅に高い値

千葉「え…それについて、え…リスナーの方から質問がきております。ラジオネームかるかんさんという方で、神奈川県にお住まいの方です。え、福島第1原発1号機の地下で毎時10.3シーベルトが観測されたそうです。メルトダウンしたのだからそうだろうなあと思うのですが。小出さんは、この数値どのようにお考えになりますか。という質問なんですが」

小出「はい、まぁ、今ご質問くださったかたの、おっしゃるとおりで。すでに炉心が溶け落ちてしまっているわけですから。え…その、その程度の値は充分、出ますし。多分もっともっと高いところもあると思います」

千葉「あの、改めてお伺いしますけど」

小出「はい」

千葉「毎時10.3シーベルトというのは、」

小出「はい」

千葉「ミリシーベルトに直すと、1万300ミリシーベルト」

小出「はい」

千葉「…ということは、これを人間が浴びたらどうなるんでしょうか」

小出「ええと、1時間あたりの被曝量になってるわけですが。人間というのは8シーベルト被曝をしますと全員死んでしまいます。ですからその場所にもしまあ、1時間…まあ1時間弱いれば、すべての人は死ぬという、それほどの被曝量になります」

千葉「はあ…。あの、この量というのは法律が一般の人が1年間に浴びる限度としてる」

小出「(苦笑)」

千葉「1ミリシーベルトの」

小出「はい。1万倍ですね」

千葉「……。それだけ高い数値が出たということ…なんですけれども」

小出「はい」

千葉「この数値はですね、トーラス室というところで計測されたということなんですが。ここどんな場所なんでしょうか」

小出「え…格納容器というものは、ドライウェルという…理科のフラスコのような形をしているものと、え…サプレッションチェンバーと私達が呼んでいるドーナツのようなもの、トーラスと呼ぶときもあるのですが。その2つがつながった状態で格納容器というものを構成している、のです。」

千葉「はい」

小出「それでトーラス室というのは、そのドーナツ状のトーラス、あるいはまあサプレッションチェンバーと呼んでいるものが、格納されている、まあ地下室です。」

千葉「ふーん。あの…その場所…に、まあ、これから入らなきゃいけないっていうようなことも、」

小出「はい」

千葉「出てくるかと思うんです、が」

小出「はい」

千葉「あの、このままではとても無理…ですよね」

小出「とても無理です」

千葉「で、この数値というのは将来、下がるんでしょうか」

小出「えー、基本的に下がりません。」

千葉「と言うことは」

小出「はい」

千葉「これから何年たっても何十年たっても何百年たっても、この場所に人が近づいて廃炉作業…というのは、出来ないということですか」

小出「人間が行くことは多分出来ないと思います」

千葉「はあ……。となると、将来ロボットかなにか開発して、」

小出「はい」

千葉「近づかないようにして、え…その、廃炉作業を進めていかないといけないということですか」

小出「はい。もう、たいーへん難しい作業になると思いますし。作業自身…の断念しなければいけない可能性も高いと思います」

千葉「はあ…。断念するということになると、そのまんま…」

小出「はい。まあそのままチェルノブイリ原子力発電所の事故の時にやったように、え…トーラス室を含めて原子炉建屋全体を、石棺という形で封じ込めるということに、なる可能性があると思います」

千葉「はあ…。

近藤「小出さんこの」

小出「はい」

千葉「今回こういう高い値が出たんですけど、これはあの、ある局部だけ出たというよりはもう、そのあたり一帯は、同じような値と考えたほうが、いいんですか?」

小出「え…むしろ、もっと別のところに行けば、もっと高いところがあると私は思います」

近藤「うーん」

千葉「うーん」

小出「たまたまその場所がその値だったというだけで。まぁ、若干低いところもあるでしょうけ…し、もっと高いところもある、と思います。」

千葉「うーん…。…でもまあこれぐらいの数値が出ているところというのは本当に、今の段階ではどうしようもないという状況なわけですね」

小出「そうですね、まあ、人間が行くということは少なくとも全く出来ません。」


放送では大飯原発の格納容器が圧倒的に危険な設計になっているという話も出てきます。関心のある方はどうぞ:

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65812692.html

223

| おのまのプロフィール | 資料 原発事故 | 03:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:51 | - | - |









http://onomar.jugem.jp/trackback/4055
ポロニウム被爆 タバコ1日1・5箱で年80ミリシーベルト
『厚労省、初めて喫煙による放射性物質の危険性を認める』 日本禁煙学会は、福島第一原発事故から7ヶ月後の2011年10月に、厚生労働省と財務省に対して、『東北地方、関東地方の葉タバコの放射性物質の測定と製品化されたタバコのポロニウム測定』を要望してい
| 逝きし世の面影 | 2012/08/10 2:14 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters