木霊の宿る町TOPページへ            
過去⇔現在を行ったり来たり・ときどき未来へも@バンクーバー 

<< 資料・雨ぽち | main | コメコメ 人命尊重という精神が欠けているシューサイ・4 >>
人命尊重という精神が欠けているシューサイ・4

今は六月二十二日(金) 午後二時です。

昨夜、某所で一緒に飲んでいた知人からこの本を読んでくださいと別れ際に二冊の本を渡されました。

「アニメ絵本・沖縄戦を生き抜いた子どもたち。かんからさんしん」(伊藤正昭・理論社)
「白旗の少女」(比嘉富子・講談社)

いずれも沖縄戦のまっただなかにほうりこまれた子供達の話の本で、家にもどって早速読み始め、朝になったので二、三時間眠り、そのあと来客と会ったあと読み続け、いましがた二冊を読み終えたところです。

沖縄でどういうことがあったかは以前から知っていましたが、読んでいて新たな怒りや悲しみの念にとらわれました。沖縄におけるシューサイ軍人の卑小さが改めて分かります。特攻隊、玉砕、自決、強殺・・・事例を詳しく書いても詮無いことなので書きませんが。


「白旗の少女」の終わりに近くなると、米兵が撮ったという当時七歳の比嘉富子さんが白旗を掲げて歩いている写真がでてきました。



有名な写真ですからご覧になった方もおられるでしょう。

本には白旗をかついでる少女の写真が四枚載っていて、したがってそのときの時間の流れが感じられるのですが、その間に少女・比嘉富子がガマ(洞窟)に残してきた親切な老人夫妻のことを思いやったり、あるいは死者の声を聞いたりするのが、あたかも今、この瞬間におきているように感じられて涙がぽたぽた落ちてきました。

写真をみるまでは読みながら怒ったり悲しんだりしても涙は出なかったのですが、いったん出るとなかなか止まらないものですね。沖縄はこれからも訪れたいと思っていますが行った先でまた泣くのではなかろうかと躊躇(ちゅうちょ)する気分もあります。史跡を冷静に眺めているのに突如として涙が落ちてくるのはかないません。


「白旗の少女」には命を大切にするという幹がしっかりしている人のことも如実に書きこまれていて、そういう人たちがいたから少女・比嘉富子は生き延びることができたわけです。

若い世代の方々におかれては、人命を尊重する精神が欠けているシューサイでは、もし社会的地位が高いとしても実はとても小さい、みじめな生を送っているのだと知って生きられるよう切に望みます。

226

| おのまのプロフィール | - | 05:37 | comments(1) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:37 | - | - |
お早うございます。
トラックバックありがとうございました。
あらためて本文に、TBの紹介をさせていただきます。

「白旗の少女」の私のブログ、いまだに毎日、訪問者があります。
理論社の「アニメ絵本・沖縄戦を生き抜いた子どもたち。かんからさんしん」は知りませんでした。さっそく読んでみるつもりです。
理論者の創始者の小宮山量平のことブログにしてあります。
http://blog.goo.ne.jp/musshu-yuu/e/d161d246d152c3b3fffd0b5021778194

シュウサイとシュウグが日本を沈没させます。
| ヒキノ村びと | 2012/06/24 6:32 AM |










トラックバック機能は終了しました。
命どぅ宝・・・白旗の少女
「白旗の少女」・・・某テレビ局の開局45周年記念ドラマスペシャルが放映されます。 この話しはむかし写真を見た覚えがありますがたしかなことは知りません。 この本を読みたくなりました。いくつかの図書館で探しましたが貸出中。アマゾンで注文という手もありますが
| 比企の丘から | 2012/06/24 12:28 PM |
沖縄戦を生き抜いた子どもたち・・・かんからさんしん…を読んだ
今年6月、ある人からある本を紹介されました…児童書です。 重いテーマで、なかなか気持ちがまとめられず、ブログで紹介するのがいまになってしまいました。 沖縄の話です…歴史を遡ると長くなりますが、大和世(やまとゆ)の時代、太平洋戦争、日本で唯一、住民を巻き込
| 比企の丘から | 2012/11/11 7:54 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑BGM(ON/OFFで切替)

bgm(別ウィンドウ)

VANCOUVER

TOKYO


↓木霊が宿る町QRコード↓
qrcode
ページランク

GBL:Googleバックリンク数です
 GIP:Googleインデックスページ数です
 MBL:MSNバックリンク数です
 MIP:MSNインデックスページ数です
 YBL:Yahoo!バックリンク数です
 YIP:Yahoo!インデックスページ数です
緑バー:Googleに於ける木霊の宿る町の人気度です

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト

このページの先頭へ


あなたはどこにいる free counters